福岡 O脚・美脚矯正 | O脚や足の歪みでお悩みの方は、福岡O脚・美脚矯正専門センターへ

福岡市中央区今泉1丁目22-13 Leyla Orion3階

西鉄福岡駅南口・アップルストアより徒歩1分

年中無休/日曜・祝日も開いています

24時間対応WEB予約 予約フォーム

記事一覧

膝下O脚を自分で良くするためには?

 

膝下O脚とは太ももはついていてはいるが膝の下が離れてしまっているO脚です。腓骨という脛の骨が出っ張って見えるのが特徴です。O脚になると重心バランスも変わるので一定の場所に負荷がかかり筋肉も硬くなってしまい、ますます見た目も機能も悪化していってしまいます。そこで今回はこの膝下O脚について徹底解明していきます。普通のO脚の人にも当てはまりますのでぜひ最後までお付き合いください!

 

 

何故膝下O脚になるのか?  原因を探る。

 

膝下O脚は一見すると骨が曲がったように見えますが、そのほとんどは筋肉や靭帯によって引っ張られた結果下腿にねじれが生じて曲がって見える事がほとんどです。小学生や子供の頃からO脚だったという方が多いですが、後天的に起こることの方が多いようです。生まれつきで無いならば何か原因があるはず? その多くは姿勢や筋力のバランス、主に立ち方や歩き方、座り方と言った日常生活の偏りから来ることが多いと思われます。完全に骨まで変形している人も中にはいるのでそうなると改善は厳しい人も実際いると思います。しかし8割方は筋力バランスから来ているので改善することが期待できます。

 

悪化させないためには?

 

ではどういう姿勢が悪化させるのかと言うと、どちらかに偏った姿勢というのは良くないです。例えば足を組む、お姉さん座り、アヒル座り重心を外に取る、肩足重心、軸の無い歩き方などがこれにあたります。人間の筋肉は拮抗筋というものがありある筋肉に力が入るとその反対側の筋肉がバランスをとろうとしている構造があります。また筋肉どうしが繋がっているので一か所負担がかかると他の部分に影響があらわれます。

 

ですから上記ののような片側や外側など一方向に力が入る姿勢を続けているとその負担が他の場所に影響して身体をゆがませてしまいます。その結果がO脚として現れるのです。ですから座る時はなるべく椅子に座り膝の方向とつま先の方向が同じ方向に向かっているように座るか、もしくは胡坐をかいてお尻のしたに座布団を入れるのがベストな座り方になります。

歩くときはなるべく1本の線上をつま先が外側を向くようにして歩くように心がけてください。

 

何故改善しない?色々な方法がネットに載っている?

 

O脚で自分で色々と努力して改善したという人もいれば、頑張ったが結果に結びつかなかったという人もいます。ではこの違いはなんでしょうか?またネットなどを検索すると足を縛ったり内ももに力を入れたりと様々な方法が出てきます。どれが一番効くのでしょうか?これはO脚は人によってタイプが異なるという事が一つ上げられることです。O脚も大きく分けてガニ股と内股があります。一般的にはガニ股の意識が強いかもしれませんが多いのは内股の方です。また膝下O脚の大半は膝下が内側を向いています。ですので膝下O脚の人は特に内側に捩じらないように普段から気を付けた方が良いのです。

 

タイプが違うという事は1つの体操や運動だけでは全部を網羅することは難しいということです。二つ目は柔軟性や筋肉の量、質が違うという事。O脚が改善されやすい人がいます、それは大体10代の筋肉の柔らかい方です。このように人によって改善されやすさというものがあるのです。最後は神経の流れです。人間は赤ちゃんから発達して大人へと成長していきますが、その過程でうまく神経が流れていかないと筋肉も上手く使えないまま成長してしまいます。これが大人になって自然と使っている筋肉や姿勢に影響しているという点です。この状態でトレーニングをしても期待通りの効果が得られないのです。

 

では何をしたらよい?

 

では本題として何をしたらよいのか?

 

今までは色々なやり方を検証してみましたが、確かに縛ったり、力を入れたりで変わる人もいますが根本で行くとその前段階のトレーニングがとても大切だということに行きつきました。先程の発達の話に戻りますが、人間は足で立つまでに首が座り擦りハイをして、ハイハイに移り、最後に立ち上がります。この切り替えがスムーズに行っていれば良いのですがこれが上手くいかないとこの時点で筋肉や姿勢に影響が起こると言われています。ですのでまずいきなり足では無く、頭➡手(肩)➡足の順番に調整するのが大切なのです。

 

舌の運動

 

第一段階として首及び頭を正しい状態に保つ、これができると姿勢が整いやすくなり結果的に脚にまで影響が出てきます。そのために必要なのがこの舌のトレーニングです。舌は本来口を閉じているときに上顎についているのが普通ですが、O脚の人は猫背で顎が前に出ている人が多いのです。ですから頭の位置を整えるために舌を使ってこれを整えます。

 

寝た状態で舌を上顎につけて舌で上顎を頭の方に口を閉じたまま8秒間押します。×3回

※やりすぎると歪みが生じますので本当に3回でやめてください。

 

肩の運動

 

舌に力が入ってきたら今度は肩の運動です。これも寝た状態で肋骨を抑えて肩腕を上げていきます。本来肋骨は浮いてこないまま床まで腕を動かせるはずなのですがこれも反り腰ぎみになっているO脚の人はつく前に肋骨が浮いてしまいます。これは何回やっても良いのでだんだんと肋骨が浮かなくなるまで毎日行ってください。

 

嘘のようですがこの二つの運動だけでも膝下O脚が改善する人もいます。ここまで来てようやく足の運動や体操をすると効果があがると思われます。 

足の運動はまた次回以降お伝えします。まずはこの二つを頑張って1ヶ月行ってみてください。姿勢が変わってくると思います。これは膝下だけでなく普通のO脚の人にももちろん効果的です。 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

22歳の膝下に歪みのあるO脚改善3

初回               

20回目

今回 この方の画像が途中データが壊れてしまいました>< 12回目と20回目の画像になってしまいましたがご了承ください。12回目以降は体の調整+、神経の流れの回復そして筋肉の教育という流れで施術していきました。初めは頭の体操から行って行きます。「頭?」と思われる方もいらっしゃると思います。しかし人間の神経の問題でいうとまずは首、頭その次に肩回り、そして股関節足という流れが神経を良くしていく順番になるのです。

 

いきなり足からやって変わらないと言う時は上に問題があることがほとんどです。もちろん足の体操や運動で治るひともいますが、元に戻りやすいのも現実です。分からない時はプロに相談した方が早いと思います。

 

その1

その2

その3

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

22歳の膝下に歪みのあるO脚改善

初回               

20回目

22歳の女性。長い間O脚で悩まされてきた方です。20回でまだ完全についてはいないもののかなり変化を見せることができました。問題は見て分かるように膝の捻じれです。子供の頃バレーボールをしていた事もあり怪我や、荷重のかけ方などからかなり膝まわりに負担がかかり膝に内まきの捻じれが生じてしまいました。これをいかに変えていくかがこの方のテーマとなりました。

 

今回は3回に分けて結果を見て行きたいと思います。

 

その1

その2

その3

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

22歳の膝下に歪みのあるO脚改善2

初回              

12回目

まずは膝周りの靭帯や筋肉を緩める所から始めました。筋肉を正しい状態にした上で錘で圧をかけて筋肉に柔軟性をつけて行きました。それと同時に必要なのは戻らないように身体の循環を上げて行きます。そのために必要なのは筋肉や、筋膜の歪みや捻じれを取り骨盤やその他関節の歪みをしっかりと取って行くことです。

大体始めご来院された時は体に柔軟性が無く栄養が行きわたりにくい状態の方がほとんどです。まずはその状態を矯正により変化させて行く必要があります。そうすることで矯正の効果も上がり、また元に戻りにくい状態に持って行くことができるのです。

その1

その2

その3

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

22歳のO脚改善3

初回              

10回目

最後の10回目になります。一番変化したのは腿の閉まりです。左腿の捻じれも無くなっています。ふくらはぎの閉まりは残っているのが右足関節と左脛の硬さ、そして骨盤の内側の底筋の筋肉です。この方は底筋の弱化が主だったので、4回目以降はそのトレーニングが主になりました。基本的にO脚の人は前荷重でお尻の締める筋肉が弱化している傾向にあります。

 

そのせいで股関節が外に開き足が閉じられないと言う事が多いのです。しかしバランスを取っていない状態で筋トレをしても閉まりにくいと言うのが実際の所。内側を鍛えるのもまずは外側から変化させて行くことが重要ということですね。

 

その1

その2

その3

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

22歳女性のO脚改善2

初回               5回目

5回目の状態になります。股関節の下の部分が閉まったのが分かると思います。内臓の下垂や骨盤の歪みを初めに取る事で身体が変位しやすい状態に持っていけます。この方の場合この段階で残っているのが右足の足関節、左腿の捻じれ、右膝の強張り、骨盤底筋の弱化、右肩の動きなどになります。残っている場所が変化する所を中心にまた進めて行くことになります。

 

その1

その2

その3

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

22歳の女性のO脚改善

 

ビフォー               

アフター(1回目)

22歳主婦のO脚改善までの道のりです。子育てをしている奥さまです。子供の頃からO脚で悩んでいたそうで、今回子育ての合間にご自身のO脚を改善するためにご来院されました。腿、膝、ふくらはぎが離れているタイプのO脚です。初回を見てみると正直脚の開きの違いはさほど分からないと思います、変化としては太ももの外側の張りが無くなったという所です。全体的に8の時からV時に変わった感じがありますが写真では分かり辛いかもしれません。

今回も全10回の流れを追って見て行きたいと思います。ちなみに初回は靭帯の緊張を緩める事がメインとなりました。O脚は人によってタイプが違うので改善する流れも多少変わります。

 

その1

その2

その3

O脚改善完全版

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

O脚矯正って痛いかなって不安だったけどぜんぜん痛く無かった!森さん感想動画

 

森 らんさん(20) 学生

 

O脚矯正の感想をいただきました!
インタビューのご協力、誠にありがとうございます。
Q:今回、O脚でご来院されて診てきたんですけども、最初来た時ってどんな感じでお悩みでしたか?
A:最初は、自分の脚の形が結構嫌いで、特に膝丈のスカートとかを履いた時に不恰好なのがイヤで来ました。

Q:どのくらい悩んでいましたか?
A:歪んでいるなと思ったのが、中学生ぐらい。
Q:それまで今まで自分で試したりとか、あります?どこか行ったりとか対処したりとか。
A:いや、どこにも行ってなくて、もう半ば諦めていました。

Q:最初に、じゃあなんでココに来ようかなと思ったんですか?
A:なんか…『整体』って調べたら
Q:ネットで?
A:ネットで。一番上に出てきた。
Q:とりあえず行ってみようかと。
A:はい。

Q:実際じゃあ受けてみて、イメージと同じでしたか?整体は初めてと言われていましたが…
A:もうちょっと痛いのかなと思ったけど、全然痛くない。
Q:痛くなかった?
A:はい!

Q:来てですね、実際に何回目くらいから効果を感じるようになりましたか?
A:2・3回目くらいからなんか脚が真っ直ぐになってるなぁって。

Q:不安なこととかありましたか?
A:不安なこと…やっぱり、痛いかなって。
Q:なるほど。そうですね、痛いかなっというところですね。
A:はい。

Q:院の雰囲気とか、僕はどんな先生ですか?
A:優しくて…しゃべりやすくて、雰囲気もすごい落ち着いた、リラックスしている感じです。

Q:同じように、O脚で悩んでいる人が結構いっぱいいらっしゃるんですけれども、そういった方たちにひと言いただいてもいいですか?
A:もう、どうせ治すなら早い方がいいと思うんで、一度、来てみた方がいいと思います。
Q:ありがとうございます。

Q:今日はご協力いただいて、ありがとうございました!
A:ありがとうございました。
この動画を見ているあなたが、O脚の為に日ごろからお悩みで真剣に足の形を矯正したいけどどこに行っていいかわからない!?のであれば…

 

迷わずに一番最初に『3回以内に膝の間が縮まる』変化を感じることができ、さらに『ほとんど元に戻らない』骨盤王国のO脚・美脚矯正コースをまずは一度受けてください!本物の技術を体験して頂き、あなたの毎日の生活を充実させて下さい。骨盤王国ではO脚矯正の不安や疑問が解決する!?今までの症例やお役立ち情報を症例ブログとして絶賛配信しています!

 

 

 

O脚マニュアル完全版

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

O脚改善、諦めずにコツコツやって少しずつ変化がでました!

 

 

O脚そのものよりも、ご自身では反り腰や太ももの出っ張りが気になっていたというMさん。O脚矯正をおこなったのは旦那様の助言(?)がきっかけだそうです。お互いのことを思っての行動って素敵ですね。そんなMさんからアンケートいただきました♪

 

Q:O脚矯正をやってみようと思ったきっかけは何でしたか?
旦那さんの勧めで紹介されてきました。

Q:ご自身でも脚の形が気になっていましたか?
腰がそり気味なのと、大腿骨が外にでてるかなーっていうのは元々思っていました

Q:O脚自体はご自身でというよりは旦那さんに言われてって感じですか?
そうですね。
骨が曲がってるって言われました。

Q:ご自分での体操はどんなことしてたんですか?
O脚をまっすぐにする運動と、下半身太り解消ストレッチみたいなものを
テレビとかネット動画とかを見てやってました。

…続きません。はい。

Q:テレビ見て行うのと王国での運動は何が違いましたか?
ここに来て教えてもらって動かし方とかを自分の体で体感して
から家でやるっていう状態なので、体が覚えてるからやりやすいです。
思い出した時に、
『あ、こういうふうに動かさないといけない』
『やらないといけないっ』てなります

Q:実際に骨盤王国での施術を受けてみて施術自体の体感というのは何か感じられましたか?
ちょっとずーつですが、自然と動かし方が身についてきたり
反り腰もだいぶなくなってきたなっていう実感はあります。

同じようにO脚に悩んでいる方に何かメッセージをお願いします
そうですね…O脚はもう直らないと思っていたのですけど、
自分の体の動かし方のクセや、使い方の間違いをここに来て、
なんていうか…目から鱗じゃないですけど、
『あぁ、そういえばそういう動き方してたなぁ』というのが…それがすごくわかりました。

ここに来たことで、私も正しい動かし方を勉強することができたので、
諦めてる人でもコツコツやっていけばきっとまっすぐになると思います。

Mさん、ありがとうございました(*^_^*)

O脚マニュアル完全版

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

施術後ヒザの間が来た時よりも縮まったのを見ると毎回不思議です(笑)

 

小さい頃からO脚でお悩みだったK様

今日は小さい頃からO脚でお悩みだったK様のまとめです。小さい頃からコンプレックスをお持ちだったそうで、ご自分でも色々とO脚体操など試されたそうです。ただ、中々結果が出ず…で今回思い切って当院に施術にこられました。ご自分でヒザをくっつけようと頑張っても、中々くっつかないヒザ…原因は正しい立ち方ができないからだのバランスになっていたことでした。

その原因は、K様の場合首肩の筋肉でした。寒くなると首をすくめるような姿勢になることが増えますよね。この形で首が硬直することで骨盤の反りを誘発してO脚が酷くなる方がいらっしゃいます。というわけで首周りのストレッチがとても大事です。頑張ってみて下さい。もしもそれでも中々良くならない、という方はご相談ください。

 

自宅ケアをしっかりと頑張られて、調整を続けた結果、K様の脚はこんな感じになりました。

 

ずい分脚の隙間がなくなりました。もう少し捻じれが取れるとまっすぐになります。K様、引き続き頑張りましょう♪♪

 

K様からお喜びの声を頂きました!!

 

物心がついた頃から、ひろがった脚がコンプレックスで、制服のスカートから出る脚が嫌でした。
自分なりにO脚改善方法をマネして実践したりしましたが、改善せず、
通う前は正直、自分の脚が治るのか半信半疑でした。
長年悩んでいたO脚を治そうと骨盤王国さんへ通うことを決心しました。

2,3回通うとヒザの間が縮まった実感が出てきて、通うのが楽しみになりました。
施術はまったく痛くなく、術後ヒザの間が来た時よりも縮まったのを見ると毎回不思議です(笑)

普段、重いものを運んだり、体を駆使する仕事をしているので、体に負担のかからないよう、
アドバイスを頂いたり、仕事柄しばらく通えなくても長い目で見てくださり助かりました!

楽しくて話しやすい先生とおしゃべりして楽しく通う事ができました。
以前はどんなに力を入れてもくっつかなかった両ヒザが今では力を入れずにつくようになってとても驚きです。
先生に感謝です!ありがとうございました。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。