福岡 O脚・美脚矯正 | O脚や足の歪みでお悩みの方は、福岡O脚・美脚矯正専門センターへ

福岡市中央区今泉1丁目22-13 Leyla Orion3階

西鉄福岡駅南口・アップルストアより徒歩1分

年中無休/日曜・祝日も開いています

24時間対応WEB予約 予約フォーム

記事一覧

O脚はあなどってはいけない!?

周りからO脚といわれたことはありませんか?

自分はO脚とわかっているけれど、放置していませんか?

今日はそんな皆さんに3つお伝えしていきたいと思います。

 

1・O脚の放置は危険

 

2・O脚は不妊にも影響している

 

3・日本人のO脚の割合

 

 

 

 

O脚の放置は危険

O脚は足の外側の骨が出っ張り膝関節の内側に負担がかかりやすくなります。

さらに今はO脚による膝の痛みはなくともO脚のまま数十年、あるいは数年過ごすことにより膝の軟骨の内側に負担がかかり続けているため軟骨はボロボロになってしまいます。

 

軟骨とは本来滑らかなものなのですが、磨り減ることによりザラザラになったりゴツゴツになります。

その磨り減った軟骨の状態で膝を動かすことにより炎症が起きてしまい、さらには骨が変形をしてしまい痛みの強い変形性関節症になります。この変形性関節症とはとてもやっかいであり、症状としては痛み・熱感・腫れがあり炎症が起こってしまう為水が溜まってしまうのです。

 

 

 

O脚は不妊にも影響している

現在、結婚をされてお子さんを授かりたいという方や子供が欲しいけどなかなか授かれない方がいらっしゃると思います。その中には不妊治療をされてる方がいらっしゃると思うのですが一度視点を変えて自分の足元を見つめてみてください。O脚になっていませんか?実はO脚は見た目など以外に不妊にも影響を及ぼしているのです。

 

では、なぜO脚が不妊に関係しているのかと言いますと骨盤が正常な位置にある事で内臓の位置を支えているのです。

しかし、O脚になる事で骨盤の位置がずれてしまいます。そうなると内臓の位置がずれてしまう事により内臓の機能が低下してしまうのです。低下すると何が起きるのかという血液循環が悪くなるのはもちろんの事なのですが新陳代謝の低下や肩こり・腰痛・関節痛・坐骨神経痛の発症、生理痛、婦人科疾患などがあげられ子宮の機能も悪くなるのです。その悪循環により不妊に繋がってしまうのです。

 

日本人のO脚の割合

現在、どこまで正格かはわかりませんが9割の日本人がO脚といわれています。

最近、日本人は正座をするからではないかとよく言われていますが現在では椅子に座る家庭が増えていて正座をするよって家庭がすごく減っていると思います。よって正座がO脚の直接的な原因ではないということが伺えます。

正座よりも、足を組んだり横座りの方が股関節のバランスを崩してしまい股関節への負担が増えるのです。

 

それに加え、海外の方と日本人は根本的な体の違いがあったのです。

その違いというのは筋肉量の違いになります。日本人は筋肉量が比較的に少ないのですがその為、骨格への負担が大きくなり結果O脚などに影響を及ぼしやすいのです。

 

 

 

 

最後に・・・

O脚は将来的に放って置くと日常生活を送ることも大変になります。自分はO脚かなと思ったり、周りから指摘されたときが改善するタイミングだと思って、整体院や整骨院に通って脱O脚を目指していってください!!

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

O脚の方必見!これが正しい姿勢だ!

姿勢の悪さに気が付く重要性

 

今回は、O脚の人と姿勢の悪さの関係性について書いていこうと思います。O脚の人は基本的に姿勢に癖があります。そもそも私たちは今の状態を正しい姿勢だと脳が思い込んでいます。誰しも自分が曲がっているとは思っていないでしょう。

 

試しに力を抜いて鏡の前に立ってください。そこで正しい綺麗だと思える姿勢で立ってみてください。おそらくそれでもどこか真っすぐでないように見えると思います。特に多いのが姿勢を良くしようとして反り腰になってしまう人です。

 

横から鏡を見たときに腰が反り返っていないか確認してください。反り腰になるとO脚を余計に助長することになります。

典型的なO脚の姿勢↑

 

正しい姿勢とは?

 

では正しい姿勢とはどのような姿勢なのでしょうか?横から見て肩、股関節(大転子)、膝、外くるぶしが一直線になるような姿勢になります。対してO脚の人の姿勢は共通点があります。まず前にお腹が出てつま先よりの荷重になっています。腿の前側が張るのはその影響です。踝や肩よりも股関節の出っ張り(大転子)が前に出ているのが見て取れます。

 

そして前にも書いたように反り腰になります。背中が後ろに傾き腰の反りの角度が強くなっています。横から見るとそのせいでお腹が前に出て見えます。そして首が前に出ているような状態になります。

 

また前から見ると股関節が内側に捩じれて、膝の頭が内側を向いている方がほとんどです。これは全てのO脚の人に見える癖です。逆に言うとこれらの癖があるせいでO脚が改善されず、もっと言えば助長されてしまっているということです。

 

姿勢を改善しよう

 

これまでの話で実際に自分の姿と照らし合わせて見てください。まずは自分を知ることが一番大事な事。おかしい状態に気が付いたら次は正しい状態を覚えこませれば良いだけ。

ただ頭の中では正しい姿勢の状態がインストールされていないので、正しい状態にしても本当にこれであっているの?という感覚になります。事実今まで前荷重で反り腰だった人は正しい姿勢をしても頭の中ではお尻が出ているようなおかしな感覚になると思います。

 

一度体全体が映る鏡で確認して正しい状態が本当に見た目が真っすぐなのか確認したほうが良いと思います。一般的な良い姿勢などはやり方など載っていますが、個人差があるので自分の頭の中で正しい状態を確認することで安心して姿勢を矯正することができます。

 

 

正しい姿勢

 

1 股関節(大転子)の位置を外くるぶしに合わせる(少し踵よりの重心にする)

2 反り腰を無くすために胸が前に出ているのを押し込む

3 お臍を上に引き上げる

4 顎を引いて頭を上に引っ張られているようにする

 

これをすることで肩、股関節、外くるぶしが一直線になっていれば成功です。

 

毎日繰り返す

 

姿勢は先ほど述べたように頭に覚えこませる必要があります。そのため何度も繰り返して頭と体に覚えこませてください。何かを学習するのと同じで繰り返すことで体に定着していきます。気が付いたら練習をする。これが姿勢改善のポイントになります。

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

福岡天神O脚矯正 10代の学生の改善例 なぜ変化しにくいのか?

左初回/右4回目

10代のO脚で悩む大学生、遠方から定期的に通っていただいておりました。

膝下がたわんでいて骨が変形しているように見えました。見て分かるように膝のお皿がだいぶ内側を向いています。これは足の捩じれがとても大きな原因になっている証拠です。

4回目を見ると腿の張りが取れて足が幾分スッキリしてきたのが見て取れます。初めに足の緊張を取っていくとだんだんと柔軟性が出てきて足が変化しやすい状態になってきました。

良く色々試したが変化しないとか、戻ってしまうというのはやり方だけが問題ではなくて日ごろの生活習慣や体の維持する力が弱いせいというのも考えられます。

当院ではまず体が変化しやすい状態を作り上げてから矯正をするので結果が出やすいのです!

 

 

左初回/右11回目

これを見るとほぼ足の隙間は無くなりしゅっとした綺麗な足になっているのが分かります。腿の所はだいぶ変化していて足の形状もだいぶ変化しています。

 

これを見て分かるように一見骨の変形のように見えても実は筋肉バランスの悪さによって見た目が変化していることがほとんどなのです。

そして体が変化しやすい状況を作る

これが重要な部分と言えます。なかなか変化しにくい人は一度専門家の元へ!

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

福岡天神O脚矯正 20代の女性のO脚ビフォーアフター

20代の女性のO脚ビフォーアフター

初回(右)      左(8回目

この方は、腿と膝とふくらはぎが離れている典型的なO脚でした。膝の回りが硬く検査をしてみると外側への回旋と外側への力が強いのを感じました。まだ若さで柔軟性もありそうだったので20回はかからないと思いましたが、実際に施術をしてみないと分からないのでその旨を伝えた上でスタートしました。

初めは足の柔軟性を着けるために筋肉や関節を緩める所から始めました。特に膝関節周りの筋肉や靭帯を通常通りに錘や、整体の技術で緩めていきました。回数を重ねるにつれて5回目ぐらいから、ふくらはぎが閉まってきて、8回目ぐらいになると足の下の方がしっかりと締まりました(右)

 

初回(右)     左(15回目)

10回目ぐらいから今度は筋力の意識を高める施術を入れていきました。O脚の方は基本的にお尻の力が弱く股関節を外に引っ張る力がありません。体が緩んでも元通りに戻らない時はほとんどがこの筋力が上手く伝えていない所にあります。

 

これは何か動作を覚えたり、スポーツをするのと同じで普段から意識を変えていくことでだんだんと体が思い出して正しい使い方をすることができるようになります。

 

ポイントは柔軟性と筋肉のバランス、そして力です。

 

これがしっかりと取れるようになると体は正しい状態になるようになります。個人差はありますがたいていの方は何らかの変化をして行くと思われます。継続と意識が体を変えていくのです。

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

歪みを正して目標を達成するために!O脚改善ストーリー

長い間 脚の歪みが気になっていた40代の女性。膝が離れているタイプのO脚の方でした。


上記は来院始めの時の写真です。左脚に負担がかかってしまい左の骨盤が下がっていました。
脚の硬さを取り、腓骨の調整をメインに施術を行っていきました。

 

 


それから3回後(上記画像) 施術前が左側、施術後が右側です。膝と膝との感覚が狭まってきはじめ、膝の向きも外に向きはじめてきました。

 

 


それからさらに4回後(上記画像) 施術前が左側、施術後が右側です。
股関節の運動を取り入れ、お尻の締める力をつけていく事でかなり締まりがでました。膝の位置も左右均等に戻りはじめました。

 

この方はご自宅や外出時にできるセルフケアをしっかりと実行されていました。結果、13回目の来院時には脚の締まりが安定していました (下記画像-右側)。

 

身体の癖を見直すことが大切

O脚の人は身体の重心が前に行きがちで、お尻の締める筋肉が弱くなっているという傾向があります。その為、身体のバランスが崩れてしまい歪みが蓄積されていきます。

改善の為に筋トレやストレッチを行なっても、身体のバランスが取れていない状態だと美脚への距離は縮みにくい所があります。

先ずは自身の身体の癖を知り、立ち方・歩き方を一度見直してあげることが大切になります。中々気付きにくい所もあると思いますが焦らなくても大丈夫です。

ゆっくり、ひとつずつでもいいので自分のことを知ることが出来れば、あなたの脚のラインが綺麗になる早道になります。

分からないことがあれば、いつでも気軽に来院されて下さい。あなたの目標が達成できるように、私たちがサポートいたします。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

こんな姿勢をしているとO脚になりますよ!

O脚と足の角度

 

O脚と内股の関係性は何度もお伝えしていますが、O脚の人の実に9割は内股です。そしてO脚のほとんどの原因が生活習慣からきていると言えます。言い換えると内股になるような生活習慣、座り方、立ち方、歩き方、寝方などが影響して徐々にO脚に変異していくと思われるということです。

 

 

逆に言うと、そのような生活習慣に気を付けて姿勢を良くしていればO脚になりにくいですし、またO脚を改善するにあたり良い状態をキープすることにつながると言えます。

簡単に言うと足が内股の逆、外股になるような姿勢を取ればO脚は改善していくということです。

 

 

内股になる姿勢

 

では内股になる姿勢をまとめてみたいと思います。

 

座り方

横座り、ペチャンコ座り

 

これは女性に多いと思います。足を横に崩しての座り方。この時に股関節を見てみると明らかに内側に捩じっているのが分かると思います。片足ずつ交互に入れ替えればと思うかもしれませんがマメに入れ替えても結局は内巻になるので基本的にこの座り方はNGです。

 

膝と足先が別の方を向く(椅子)

 

次に椅子での座り方ですが、足先と膝先が同じ方向を向いているのが理想的な座り方と言えます。ですので女性は人前ではあまり足を開いて座りにくいと思いますが、家や人がいないときは膝は付けずに少し開いて座った方が良いと思われます。

 

基本的には胡坐や上記のような足先と膝の方向を合わせた椅子での座り方がベストです。

 

 

立ち方

O脚の特に女性は足先を付けて立つ癖があります。足を開くと余計にガニ股になり膝が開くと思っているのも原因の一つです。しかし統計的にガニ股O脚は極めて少なく、ほとんどが内股なのでこれも足先を30度から45度ほど開いて立つのがベストと言えます。

 

歩き方

 

歩き方として1本の線の上を歩くというのが最も綺麗な歩き方と言われますが、O脚の方はこれを意識してもうまく歩けないことが多いのでまずは、線の上をかかとの内側だけつけて足先は10度ほど外に向けて線の上を歩くということを意識されると良いでしょう。

 

慣れてきたら徐々に親指の角度を真っすぐに近づけて線の上を歩けるようにしていきましょう。

 

スポーツ

 

子供のころからスポーツをしているとO脚になりやすいと言われることがあります。スポーツではサッカー、バレーボール、バスケなど股関節を内に絞る動作もあるのでこれを続けていてなる方もいるようです。

 

日ごろからストレッチなどをして股関節周りを柔らかくしておくとよいと思われます。

バレリーナでも膝が内側に入る癖があると逆にO脚になる方もいますので姿勢には要注意です。

 

 

自分の体を知る

 

案外自分の姿勢や体は意識をしていないものです。O脚になって改善しようと考えたとき改めて日ごろの姿勢を意識するようになるかもしれません。O脚になっても遅くはありません。多くのO脚が生活に気を付けて意識改善で変わって行きます。まずは自分の体や日ごろの癖を知りそれを治すことに全力を注ぐこと。それが一番大切なことなのです。

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

福岡天神のO脚矯正 O脚は改善するのか?しないのか?

O脚は治るのか?

先日知恵袋を見ていたらO脚で悩んでいる方の沢山の投稿がありました。色々なコメントがあり、その中でもO脚は骨の変形なので手術をしないと物理的に治らないという意見や、運動や筋トレで改善するというコメント、あとは商材の宣伝のような書き込みもありました。

 

O脚はそもそも治るのかという答えに関しては割れていました。これは病院や、整骨院の先生、整体院の先生などにより変わると言っても良いかもしれません。私は整体師なのでその経験や観点でしか答えられませんが何故このように意見が分かれるのかという所をお話ししたいと思います。

 

 

歪みってなに?

 

そもそもお医者さんの世界には歪みというものはありません。レントゲン上で曲がっていたり、何度変形しているという形で答えます。歪みというのは整体的な考え方になります。

 

アメリカではカイロプラクティックやオステオパシーのような所謂日本の整体にあたる技術が国家資格として認められていて、お医者さんのような権限を持っています。日本は後から輸入のような形で入ってきたのでまだ法で定まってはいません。

 

お医者さんと、整体&カイロの考え方や見立ては違います。もともと解剖学も生きた人間ではなく死んだ人を被検体として使っていたので、生きた状態とは勝手がことなります。死ぬと死後硬直も起こり関節や筋肉も硬くなります。

 

この状態で関節を動かそうとしても動きません。ですので西洋医学的には関節のズレなどはそうそう起こらないという流れになってしまうのです。しかし人間は生きています。整体では生きた人間の関節を人の感覚で動いているか検査します。機械などは使いません。この感覚というものは人によって誤差があるので正確では無いかもしれませんし、伝えつらいものですがそこに歪みや動きの悪さは確実に存在します。

 

お医者さんはお医者さんなりの見立てがあり、整体では扱えないメスや薬を使うことができますのでどちらが良いとかいう問題ではなく歪みという概念が先生によってことなるという話です。

 

 

結論

 

以上の事から西洋医学に忠実に答えれば足の骨が変形していたら戻らない。「手術で骨を切るしかない。」という答えに行き着きます。しかし整体的に歪みという観点からとらえると一見曲がって見えていてもそれは見かけ上で筋肉などのバランスをとればもとの綺麗な足に戻るケースは多々あります。

 

諦めずにトレーニングを積んでクセを治していけば7割以上の足は今よりは確実に良くなるのではないかと経験上は言えます。どうしても悩む場合は一度プロの先生に診てもらった方が確実です。

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

福岡天神の整体院 O脚を治したいなら内転筋トレーニングはするな!

O脚と言うと内腿に何かを挟んでスクワットをしたり、圧縮するようなトレーニングが良いとネットや本で見たり聞いたことはありませんか?これは昔から良く聞く方法です。足と足の間が開いているから閉じれば良いので、足を閉じる筋肉の内転筋を鍛えれば足がくっつくという考えでできたトレーニング方です。

 

O脚は足が開いている?

しかし実際のところO脚の人は足が横に開いているだけでは無いというのをご存知でしょうか?見た目はあしと足が離れているので横に引っ張られている感じがしますが、実は足が内側に捩じれているのが原因なのです。

 

平面で見ると横方向の歪みですが、立体で見ると内側への捩じれが一番の問題になっています。実際はこの捩じれと横方向の力の総合がO脚の酷さの度合いになっているのです。特にO脚が酷い人は捩じれがかなりきつくなり、膝下O脚のような形になります。

 

 

何で内転筋トレーニングがいけないか?

ではなぜ内転筋トレーニングがいけないのでしょうか?結論から言うと内転筋自体がそこまでO脚に関与していないのと、内転筋だけなら良いのですが前側の大腿四頭筋(内側広筋)などを鍛えてしまうと、余計にバランスが崩れてしまうからという2点があげられます。

 

統計を取ってみると、内転筋がある人もO脚の人がいますし、内転筋がない人でもO脚じゃない人は沢山います。ですので内転筋がO脚の重要なファクターにはなりえないということが言えます。

 

本当の原因は?

 

では本当の原因はと言いますと。先ほどの股関節の捩じれを生んでいる筋肉は股関節の内旋筋という筋肉です。内側に捩じるという筋肉です。9割の方は股関節が内側に捩じれています。そしてほぼ10割の方がお尻が緩んでいます。

 

ですのでお尻を閉める筋肉に力が入るようになれば自然とまっすぐな足になっていくというわけです。

 

ペットボトルトレーニング

 

 

1 腿にペットボトルを挟んでお尻を軽く閉めるようにして挟む

2 腿の前側に力が入らないように気を付けながら意識をお尻に持って行く

3 時間があるときにこまめにこれを繰り返す

 

体に覚えこませる

 

続けて行うことで緩んでいたお尻の奥の筋肉に力が入るようになっていきます。徐々に正しい使い方を体が覚えれば確実に元の綺麗な足に変化していくことでしょう。正しい体の状態を覚えこませる、それが体を変化させる一番の近道であり確実な方法です。
人間は普段の状態を真っすぐだと思い込みながら生活しています。そうしなければ常に違和感を感じでいなければいけないからです。順応していくための作用といってよいかもしれません。

普段と違う状態が本当は正しいと覚えこませて初めて体に定着します。ですのですぐにというわけには行かず時間がかかる場合もあるのです。地道にコツコツと諦めずに続けることが美脚へのカギとなるでしょう。

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

福岡天神のO脚専門矯正 20代女性の足が綺麗に閉まった!

 

ずっとO脚で悩んできたというMさん。お子さんのいる20代のお母さんです。

 

右足の膝が捻じれて湾曲しているのが見て取れます。13回目の画像が右側です。
角度で言うと左足の方が鋭角に入り、右足が鈍角に入っています。この方のように左右の足の曲がり具合が違う方も多いのです。立ち方や座り方の偏りがどうしても人にはあるのでその結果こういう左右差を生みます。

 

毎回横座りや足組を同じ方向にしたり。運動で言うとバレーや、サッカーでの足の使い方や蹴り方など。人間にある体の癖。この癖が歪みを生じて見た目を変化させてしまっていると言えます。この方の場合は腿の前側がとても張っていて大腿が盛り上がっているほどでした。

 

O脚の方は基本的に足の使い方が悪いので後ろ側よりも前側の特に内側の筋肉を使う癖があります。(立っている時に荷重がかかるのは外側なので外側の緊張もあります)

この誤った使い方で、股関節が内側に回転するような姿勢を取ってしまっている事が多いのです。O脚改善とはこの体の使い方の癖に気づいて正しい使い方を再教育することで改善させると言っても過言ではありません。

 

癖というものはまず意識をしなければ自覚が無いので誤っているという認識もありません。本来と自分との誤差に気づいてそれを合わせて行くことが改善へ向けての道筋になります。当院ではO脚のパターンを伝えて、正しい姿勢、歩き方、座り方、立ち方を指導していきます。それにより最終的に元の美しい状態にまで改善することが可能なのです。

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

O脚と子供の成長について

 

今日はご自身のお子さんのO脚で悩まれてる方に向けてお話させていただきます。

様々なお悩みの中から4つお伝えしていきます!

1.スポーツとO脚について

2.サッカーとO脚について

3.遺伝について

4.身長について

 

スポーツとO脚について

最初にスポーツとO脚についてお話させていただきます。

今、ご自身がスポーツをされていたりお子さんが部活動やクラブチームを通じて運動されている人は多いのではないでしょうか?特にお子さんがスポーツをがんばっている姿というのは、とても素晴らしくこちらも元気やエネルギーをわけてもらえますよね!しかしスポーツをする上で切っても切れないものがあります。それは怪我であったり足の変形であったり伸び悩むことです。

 

 

まず、一流のアスリートにはO脚の人がほとんどいないという事実はご存知でしょうか?

それはなぜかと言いますとO脚の場合、体からの歪みや骨盤の歪みが生じてしまうと、アスリートに関わらず体に不調をきたしてしまうからです。

 

 

その不調とは例えば上半身バランスが崩れると次は下半身でバランスを保とうとします。

O脚は見た目だけではなく腰痛・膝痛・すねの張りや痛み・痺れなども引き起こします。

それらと同時に脚の重み・だるさ。疲れやすかったり、つまずきやすい・むくみなどの症状が起こってしまうのです。

 

 

サッカーとO脚の関連性について

実はサッカー選手にはO脚が多いことはご存知でしょうか?

サッカーにはO脚になりやすい要因が含まれる動きや特徴的な怪我が多いのです。

 

 

そして、特徴的な怪我とは比較的に走ることが多く体がぶつかり合うことも多々あります。

その中で頻繁に起こりやすいのが捻挫です。私も経験があるのですが捻挫を繰り返しているうちに慣れてしまい捻挫を軽視してしまうのです。それがきっかけで慢性足関節不安定症に発展しまうのです。

 

 

続いてサッカーの特徴的な動きとしてパスやシュートの際に軸足を外側に開く動作があるのですがその動作を繰り返すことにより、ひざ下が外に捻じれてしまいます。

それが原因で太ももの外側が硬くなりやすくなりO脚化になりやすくなるのです。

 

 

私が見てきたO脚のサッカー選手には共通点がありました。もちろん先ほど説明した太ももが硬いこともあるのですが、その他に足首の硬さや足裏の硬さ(重心の不安定)反り腰が目立ちました。今部活動や趣味でサッカーを頑張られてる方はまずは、足首のストレッチや足裏を揉んで上げたりすることが、O脚のケアになるので試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

O脚と遺伝は関係あるのか

現在、O脚と遺伝は関係ないと言われています。

しかし、直接的な関係はなくてもO脚になりやすいのは事実です。その理由としてはO脚は遺伝しなくても骨格は遺伝しますよね?という事は親がO脚の人は正常な足の人よりもO脚になりやすいことです。

 

 

じゃあ治らないの?と感じる方が多いと思われますが、それは別の話です。

先天性のO脚は改善するのに時間がかかったりしてしまうのは事実です。

しかしO脚になる要因としては関節や筋肉のゆがみ生活習慣ですので整体で体の歪みを改善して生活習慣の改善をしていけば改善に向かいます。

 

 

O脚と身長

O脚を治せば身長が伸びるという話をよく耳にしますが、実は伸びるというより本来の身長に戻ると認識していただいたほうがいいと思います。それはなぜかといいますと先ほどお話させていただいたO脚の原因である身体の歪みで筋肉や骨の位置がずれてしまっているのです。その結果姿勢が崩れてしまい本来より身長がひくくなっているのです。

なので整体院や治療院などでO脚を改善し身体の歪みをとることをお勧めします。

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。