福岡 O脚・美脚矯正 | O脚や足の歪みでお悩みの方は、福岡O脚・美脚矯正専門センターへ

福岡市中央区今泉1丁目22-13 Leyla Orion3階

西鉄福岡駅南口・アップルストアより徒歩1分

年中無休/日曜・祝日も開いています

24時間対応WEB予約 予約フォーム

記事一覧

O脚と腰痛

・O脚と腰痛のつながりについて

現在、腰痛で悩まれてる方はかなり増えていてどれほど多いでしょうか?

その中でも慢性的な腰痛が多いと思われます。やはりO脚やひざの痛みを抱える方や長時間によるデスクワークや立ち仕事、力仕事の方が特に多く職場に迷惑をかけられないと治療院や病院にいく事を避けてしまうのが現状ではないでしょうか。

 

 

慢性的に痛みが続くと本当に治るのか?痛みがぶり返さないのかと不安を抱きますよね。

ブロック注射や痛み止めでその場をしのぐことは確かにできますが根本治療にはならないのです。

実際注射をすれば痛みが減ったり消えたりしますがしばらくすれば、ぎっくり腰や腰痛が再発してしまい先ほどの繰り返しになってしまっている方もたくさんいらっしゃると思います。

 

 

しかし、慢性の腰痛でも根本原因を探し出し適切な治療を受ければ改善されます。

例えばO脚の場合、外反母趾や浮き指がありますと聞きなれないとは思いますが、ねじれ歩行になりそれのせいで足の関節に影響を及ぼし脛の横の骨が出っ張ったり太ももの付け根が出っ張りO脚へと変貌をとげるのです。

 

 

そのことによって、股関節や骨盤・腰椎にも影響が起きゆがみが起こるのです。

詳しく説明しますと、外反母趾や浮き指で足裏のバランスやアーチがくずれてしまい不安定になってしまいます。そこで腰が安定感を補おうとするのでアンバランスなゆがみが発生します。

 

 

そうすると、反り腰になったり曲がりすぎてしまっていたり左右どちらかに歪んでしまっていたりするわけです。

結論としてはO脚は膝の痛みや見栄えの変化だけではなく腰痛までも引き起こしてしまうのです。

この機会にあなたもO脚と向き合ってみてはいかがでしょうか?

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

O脚の原因の真犯人とは?

日本人のかなりの割合の女性がO脚で悩んでいると言います。確率で言うと8割とも9割とも言われています。この記事をご覧になられている方もO脚では無いでしょうか?それは何故でしょうか?O脚は遺伝でしょうか?そのことについて話していきたいと思います。

 

何故女性に多いのか?

 

https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20150511/Recordchina_20150511000.html

 

中国の大手ポータルサイトではこのような記事で日本人のO脚について検証したと言います。この記事によりますと原因は

 

1正しい座り方

2赤ちゃんの時の状態

3遺伝

4美的感覚

 

と書いてあります。確かにこれらは要因の一つと言えるでしょう。しかしこれが全てかと言いますとそれだけでは無いと思われます。ただ言えることは一番の原因は生活習慣という事です。

 

詳しいことに関してはまずO脚のメカニズムを知る必要があると思います。O脚の9割の方が実は内股です。O脚は足が離れているのでガニ股では無いか?と思われている方もいるようですが、O脚の方は膝を見てみると内側を向いているのでは無いでしょうか?つまりこれが内股であるという証拠です。

 

真犯人は?

女性というと男性より筋力が少ないとか、女の子座りなど特有な姿勢を取るという所が影響力としては大きいかもしれません。特にこの横すわり、アヒル座りなどは日本人の女性ならではの座りかたといえましょうか。外国では椅子の生活が多いですが日本は地べたに座る生活形態です。結果足を内側に捩じれるように座ってしまうことになります。

 

内股が問題!

 

これがO脚を助長してしまうのです。またたまに子供のころに内股にする姿勢をあえて取っていたとか、部活でサッカーやバスケ、バレーをしていて足を捩じって立っていたという方も結構いらっしゃいます。このように知らず知らずに無意識に内へ内へと言った姿勢を続けることで自然とO脚になってしまったと言えるのでは無いでしょうか?

O脚の人は9割がつま先を付けて立つと言います。つま先を付けると自然と足が内側に向きます。逆につま先を開くと足は外側に捩じれます。O脚の人は自然と足が内に向かうのでつま先を付けて立ちたくなるという事です。

 

そういう意味では先の1番の座り方や4番の美的感覚などに当てはまるでしょう。遺伝に関しては骨格的には両親や兄弟に似るということはありますが、O脚そのものが遺伝することは無いと思われます。ただ家族だと同じ家で生活するので生活習慣が必然的に似てきます。その結果家族がそろってO脚ということが生じるのではないでしょうか。

 

2番の赤ちゃんのころの抱っこの時間などは完全に検証したわけではないのではっきりとは分かりませんが、O脚は成長とも関わっている部分があります。それは人間はまず首が座って、腕でズリハイをしてハイハイをするという、首、腕、股関節という順番で神経が流れていきます。この過程での成長がうまくいかないと大人になっても不自然なバランスで生活してしまうということが考えられています。

 

その観点から行くと幼少期の姿勢や、成長過程での時間は影響する可能性はあります。しかし多くは大人になるまでの間の生活での歪みが占めているのではないかと考えられます。

 

3番に関しては骨格が親子で似ることはありますが、O脚が遺伝するということはあまり無いと言えます。そのかわり筋肉の質などは似ることがあります。

 

結論から言うと一つに原因を絞ることはできませんが、確実に大きな要因は生活習慣の乱れと言えます。つまり内向きに股関節が捻じれる立ち方、歩き方、座り方、生活の癖が原因でO脚になっていくということです。

 

生活を見直そう!

ということはこの生活習慣を改善することがO脚改善の大切な所と言えます。いかに体操や運動をしてもまた元の悪習慣に戻ると体も元通り、いわゆるリバウンドです。姿勢改善には自分をしっかりと見つめて癖を治していくのが大切なこと。しっかりと自分と向き合い根本からO脚を改善して行きましょう!

 

 

 

 

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

開脚はできますか?O脚の皆さん!

・開脚の重要性について

いきなりですが、皆さん現在開脚はできますか?恐らく「学生のころはできていたんだけどなぁ・・・」「働き始めてから運動しなくなってかたくなっちゃた」という声が多いと思います。

さらには開脚できないくらいで別に困ることないじゃんと思われる方もいらっしゃると思いますが皆さんが思われているより開脚って大事なのです!

 

 

じゃあなぜ大事なのかをお伝えしていきたいと思います

まずは、プロのスポーツ選手や第一線で活躍されている人達にO脚がいないということです。それは、O脚のように体のバランスが崩れてしまうと体が硬くなり、さらには怪我をしてしまう危険があるからです。その為にも体のバランスを重要視しています。

 

 

じゃあ、その体のバランスってどうやって整えるの?と思いますよね!

そこで開脚の出番です!開脚とはお相撲さんがよくしている股わりですね。

 

 

やりはじめは痛くてなかなか続けられないかもと思ってしまいますが、何事も「継続は力なり」と言う言葉をおもいだし挑戦してみてくださいね!

 

 

開脚の主な効果

一つ目は骨盤からずれたり、浅くなってしまった足の骨いわゆる大転子と言われるものを正常な位置へと戻す効果があります。

 

 

二つ目は上半身と共に下半身のバランスを整える事ができ結果全身のバランスを整えて骨盤の上に背骨が正しく乗るようにしてくれるので体全体のバランスを保てるようになります。なので、有名なスポーツ選手や一流のアスリートの人たちは開脚運動をほとんどの人ができているのです。

 

 

私も以前格闘技を10年以上続けてきましたが、当時は部内でも一番身体が柔らかかったのですが引退した今となっては現役時代の柔らかさを取り戻したくって日々奮闘中です。笑

 

そして、三つ目はむくみの解消です!女性だけではなく男性もむくみで悩まれてる方が近年では多いのではないでしょうか?やっぱりむくんでしまうと足が太く見えたり仕事終わりに足がだるくなったりと様々な問題が起こってしまいますよね。

 

 

そもそもむくみとは下半身のうっ血が原因といわれています。

開脚をすることによって心臓から離れている足の血液を送り返す効果がありうっ血を解消してくれます。

体が柔らかく開脚のできる人は病気になりにくく若々しくすごせるのです。

 

 

まずは、このブログを読んでO脚改善に向けて開脚運動をしてみようと思っていただけたら幸いです。

開脚運動をるうことは健康や美容にもO脚にも効果があるということがわかっていただけたでしょうか?

 

 

この機会にみなさん開脚運動に挑戦してみましょう!!

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

O脚と太ることの関連性?

O脚と原因

 

O脚は結論から言って後天的な足の使い方の癖からきている事がほとんどです。生まれつきや、遺伝要素が無いとは言いませんがそれは一部でほとんどは体の使い方によって生じた歪みが原因と言えます。

 

基本的な歪み

基本的な歪みは前に過重がかかって股関節、膝関節が内側に捻じれるのが基本となります。なぜこのような姿勢になるのかと言うと重力の関係もありますが基本的に人間は屈曲優位と言われて、後ろにそるよりも前に倒れる事が多い形状をしています。

 

パソコンや荷物をもったり、作業をしたりするとき前にかがんでいる事が多いと思います。後ろに反りながら仕事をしている人はあまり見かけませんよね^^;結果的に筋肉のバランスが崩れてO脚になってしまいます。ですので改善するにもこの姿勢のバランスを改善する必要があります。

 

O脚は太る?

 

O脚の人は太りやすい、特に下半身太りをすると聞いたことはありませんか?これにはいくつかの関連性があります。

 

 

1・筋肉のバランス

先ほどお伝えしたように筋肉の前側と外側を酷使して、後ろと内側を使わないためにO脚になることが多いのです。そのため外側の筋肉は緊張して張り出し下半身太りになり、内側と後ろは逆にたるんでダランとした見た目になりやすいのです。

 

 

2骨盤

骨盤は前に傾きやすく所謂反り腰になることが多いのです。そのためお腹が前に突き出してきます。結果的にポッコリお腹になりやすいと言われています。

 

 

3循環が悪くなる

O脚になると通常の状態よりも流れが悪くなるので老廃物がたまりやすい状態になります。その結果セルライト、水と脂肪が合わさったぶよぶよの状態を引き起こしやすくなると言われています。

 

 

このようにいくつかの原因が合わさってO脚と太ることは密接にかかわっています。特に足回りが太いとか痩せにくい人は足のバランスも考えたほうがよいかもしれませんね。

 

これは同じ方の体形の変化ですが、治療を続けると骨盤が引き締まって明らかに形が変化しているのが見て取れます。これがバランスのせいで見た目が変わるという状態です。股関節や骨盤の開きなどが原因で下半身太りが起きてしまいます。しっかりと改善することでみためもすっとした状態に変わることは可能なのです。

 

 

O脚を改善する

 

改善するためには筋肉や靭帯、関節を柔らかくするのと低下している筋力を上げて姿勢を良くするという二つの面を改善していく必要があります。

 

ストレッチ

1ハムストリングス

2臀筋

3筋膜張筋

 

上の3つは特に緊張が強くなる場所と言えます。

これらは基本的に股関節を内側に引っ張る筋肉群になります。

 

 

1ハムストリングス

前屈をして膝の裏を伸ばします。

 

2臀筋

お尻の筋肉で特に内旋筋という股関節を内側に引っ張る筋肉

足を片方の膝の上にのせてそのまま膝を胸に近づけるか、自分から前に倒れて行きます。

 

3筋膜張筋

これも外側と内側に引っ張る筋肉です。

寝た状態で足を反対側に投げ出すようにして側面を伸ばします。

 

 

まずはこれらの筋肉の張りを取った上でトレーニングをすることで筋肉のバランスが保たれてきます。

 

 

 

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

O脚の人の重心と改善方法 福岡天神の整体院 

O脚の人の特徴としては体重のかけ方が偏っているというところも重要な点です。O脚の人は靴の裏側を見ていただけるとわかると思いますが、すり減り方が偏ってはいませんか?外側がすり減っている人が多いかと思います。O脚は外側に体重がかかり外側の筋肉が盛り上がったり緊張が強くなってしまう傾向がつよいです。

 

脛や腿の外側がパンパンになっている方が多いのではないでしょうか?O脚は先天的なものもありますが、そのほとんどは後天的な体の癖からくると思われます。特に毎日の立ち方や歩き方、重心の取り方は大切なポイントになります。

 

自分の偏りを知る

 

自分のことは案外わからないものです。実際に自分の荷重がどこに乗りやすいのか知らばてみましょう。

1 壁を背にして肩幅に立つ

2 右足左足に体重を乗せる

3 かかと、つま先に体重を乗せる

4 片足ずつばらばらに足の内側外側、前後ろに乗せてみる

 

やってみると分かると思いますが、乗せにくいところと乗せやすいところがあると思います。乗せやすいところが普段から無意識に荷重をかけているところです。要はバランスを均等になるようにとると良いということになります。人間の体は不思議なものでバランスを取ろうとすると自然と体の方もそれに合わせようとする特性があります。正しい姿勢をしていると敏感な人は分かるかもしれませんが体の中の筋肉や内臓が動くような感覚を覚えると思います。

 

自己修復のように体が外側に合わせようとして変化を起こすのです。これにより普段と違う状態になることが可能です。上記の方法は自分の癖を知るのと同時に修復することも起こります。意識を変えると体系や重心、外側もそれに応じて変化していくということです。

 

時間もかかる

 

ただしそれが定着するのには時間が少々かかります。例えばダイエットで有名なライザップも3か月を目安に契約してトレーニングしていきます。これはなぜかというと体が変化するということは細胞レベルでの入れ替えが起こることと等しいと言えます。この入れ替えですが個人差はありますが筋肉で言うと3か月はかかると言われているのです。爪なども生え変わるのに半年はかかると言われていますので部位によって回復するまでの大体の時間というものが決まっているのです。

 

これは神様でないかぎり変えることはできません。だから1回で良くなると謳っている治療院もありますが確かに見た目の変化はあると思います。しかし定着する期間を考えると難しいのではないかなというのが正直な気持ちです。

 

まずは知ることから

 

人間は慣れ親しんだ姿勢や行動を当たり前のようにこなしているのでそこから変わろうとはなかなか思いません。整体に来るのも痛みや不便があるから来るのです。その時指摘されて初めておかしい姿勢や行動に気が付きます。そこからがまた新たなるスタートだと言えます。いくつになっても人は変わることができます。

 

これはウソではありません。よく歳だからとかあきらめている人もいますが、それはもったいないことだと思います。人間は最後までいかようにも変化する順応性、流動性の高い存在です。あきらめずにまずは最初の一歩から踏み出してください。

数か月後、数年後は違った自分がそこに立っていると思います。見た目が変化すると自信がついたり内面も変化していきます。外と内は密接につながっているのです。自分を知ることはその後の人生にまで変化を与えるかもしれません。大きな話になってしまいましたが決してこれは間違いではないと思います。コツコツと目標をもって楽しみながらがんばってくだしさい。

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

O脚改善で身長も伸びた?

O脚と身長

 身長が伸びるのは軟骨である骨の端(骨端線)が骨化するまでと言われています。これは男性で18歳前後、女性で16歳、20歳すぎてもまだ伸びる人もいると言われています。これは成長ホルモンに寄るもので、関係あるのは睡眠や、カルシウム、タンパク質、マグネシウム、ビタミンDなど。またストレスなどの要素も関わって来ると言います。

 

これは内的、解剖生理学的要因ですがO脚矯正、姿勢矯正で変化が出ると言うのはどちらかというと外的要因、つまりたわんでいる体や曲がっている部分が正しい状態に戻ったり、柔軟性を取りものどすことで伸びやかになり結果身長が伸びるということがあります。特に変化があるのは猫背のような背骨と、股関節から下の足が外にたわんでいるのが戻ることにより変化する部分です。2cmから5cmほど伸びる人もいます。

 

 

 

姿勢の悪さとO脚

 

O脚の人は足だけでなく、反り腰、前重心、外重心、顎が前に出る、猫背など複合的に歪んでいる人がほとんどです。逆に言うとO脚が改善してくると姿勢もよくなっていくと言うことです。姿勢が悪い状態が続いていると正しい状態が分からなくなるのが普通です。自分で姿勢を良くしようとすると逆に反りすぎたり、余計に歪みを生むこともあります。運動や体操、整体で体のバランスが改善してくると無意識でいてもよい姿勢を取れるようになります。

 

体には筋膜という足先から頭までを包んでいる膜があります。この膜が捻じれる事で全身のバランスが崩れていきます。つまり足が原因で背中が引っ張られて歪んだり、手を使いすぎて体が曲がるなどということもあると言うことです。一見して背中が曲がっているようでいても、もしかしたらおなか側から引っ張られていたり、足先が原因だったりするなんてことはざらにあります。これを考えると体が曲がって縮んでいる原因は全体的に調べてみないとわからないということになります。

 

O脚は体の歪みの集大成

 

O脚は足だけが問題視されますが、骨盤、足関節、膝、胸郭などの歪みが関係していることが多いのです。結果が足に見られますが先ほどのつながりの関係から全てが関係しているのが私たちの体なのです。これらを細かく見ていくことで体が正しい状態に戻っていきます。その結果体が曲がったりして身長に影響することもあるのです。

 

 

O脚は筋力バランスの乱れ

 

ではO脚はなぜ起こるのでしょうか?遺伝や靴などいろいろな説がありどれも当てはまることもあります。大体は成長の過程による筋力の使い方の悪さからくる事が多いのです。良く内股を閉じる筋トレなどがあげられますがあれだけやるとバランスが乱れることもあるのであまりおすすめできません。

 

お尻を締める筋トレ

 

特に必要なのは外旋筋と言って股関節を外側に開く筋肉と、庭筋というお尻を締める筋肉です。これらが弱化することで股関節が内側に回って足に影響していることがほとんどです。ですので一番改善に必要なのはこのお尻を締めたり股関節を外に持っていく筋力をつけることが大切になります。

 

改善方法はこのマニュアルの記事がまとまっいているのでこちらをご覧ください。

改善マニュアル

 

体は戻る

悲しいかな体は慣れた状態に戻ろうとする傾向があります。それが定着するには少し時間が必要です。数か月かけて体をもとの状態にもどしていくのが重要な所です。楽しみながら体を戻して同時に身長も伸ばせると良いですね!

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

男性のO脚 アパレル店員Mさん(途中段階)

上ビフォー初回              下アフター初回

 

男性のO脚でお悩みのMさん。

初回の見た目はかなり膝同士が離れているのが分かります。現在通院中で丁度20回目です。途中仕事で空いたりしていたのでゆっくりしたペースですが少しづつ変化しているのが見て分かります。男性で悩んでいる方も多く特に人前に出る職業の方は気にされる方が多いようです。

 

5回目

 

男性の方は筋力があるので開きが酷くても女性よりも維持しやすく戻りやすいことがあります。この方も開きの割には短期間で変化してきているのが分かります。初回から数回は骨や筋肉の周りの靭帯などの硬さを緩めるところから始めます。

 

10回目

 

このころになると足先が閉まってきました、筋トレも入れつつ体幹を保てるようにサポートしていきます。重要なのは内腿よりもお尻の締める筋力です。このあたりが現代人は弱いので股関節が不安定になってしまっているひとが多いです。

 

 

15回目

かなり締まってきています。股関節の不自然な広がりがなくなってきています。きちんと自分の力で締めることができるようになってきた証拠です。

 

20回目

あと少しでふくらはぎまで付きそうな感じに見えます。O脚は体の歪みが複雑に絡んできていることが多いので足だけでなく全体を見ていく必要があります。

 

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

トレーニングを続けます。その人に合った指導を

体の使い方が分からずに王国へ来院される方がほとんどです。O脚は基本的に日常生活の歪が原因で起こります。結果として足が変形したように見えていますが、実際は筋肉のバランスが原因です。ジムへ行って筋力はついたがバランスが崩れたままという方も結構いらっしゃいます。

 

歪みがあるままだと筋力はついても筋力差は縮まりません。本当は自分の状態を知った状態でトレーニングをするのがベスト。しかし自分では状態がどうなっているのか分からないと思います。そういう時は専門家に見てもらうのが一番かと思います。

 

自分で努力して効果が薄いようならご相談を。あなたに合った方法をご提案いたします!

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

見た目だけで無く体調も良くなった 26歳女性

26歳女性 

自分のペースで通われていることで体が変化してきています。この方は体調も良くなったとありますが、O脚改善は足だけの問題ではなく体の影響もあります。しっかりとその人の体全体を調整していくことで、足の形だけでなく体全体も良い方向へと改善していきます。またその人によって体の歪みは様々です。

 

その人が普段どのような姿勢や態勢をしているのかをお伝えすることで日常で癖を意識しやすいようになります。そうすることで体が歪みにくい状態を維持できるようになります。そうすれば改善までの回り道をしなくて済むのです。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

足の指の使い方が原因だった ぽさださん

足の指の使い方に関してですが、人間は手と同じように指先を動かす事ができると言われています。しかし手の指のように起用に足の指を動かせる人は非常に少ないです。O脚の人の足を見てみると指が曲がって変形していたり、外反母趾を伴なっていたりアーチが崩れていたり。大体足の形状が崩れている場合が多いです。

指や筋力は鍛えればまた使えるようになってきます。足首の運動をしたり、指の体操をすることで少しづつ体が元のバランスを取り戻してきます。その人の体にあった方法ですこしづつ戻すのが一番理想的な矯正法だと言えるでしょう。

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。