福岡 O脚・美脚矯正 | O脚や足の歪みでお悩みの方は、福岡O脚・美脚矯正専門センターへ

福岡市中央区今泉1丁目22-13 Leyla Orion3階

西鉄福岡駅南口・アップルストアより徒歩1分

年中無休/日曜・祝日も開いています

24時間対応WEB予約 予約フォーム

記事一覧

福岡O脚矯正専門院 美脚の要因とは?

美脚になりたい

 

美脚にあこがれる方へ、綺麗にスラっと伸びた足、どの方向から見ても綺麗なライン。イイですよね!綺麗な足、それだけで素敵な人、魅力的な人に思えてきます。今回はどうしたら綺麗な足に見えるのかと言う話をしていきたいと思います。

 

O脚の人はラインが曲がっている

まずO脚の人とそうでない人の足を見てみると

明らかに足のライン股関節から足先に伸びる線が違います。O脚の人は膝から上か下が外側にたわんでいるのが分かります。また一番重要なのは捩じれが生じていることです。

この捩じれが体のラインを形成するにあたってとても重要な部分になります。特に膝下O脚や足の外側の骨が出て見える人はこの捩じれが強いと言えます。

 

簡単に言うと、O脚の人は股関節から下が内側に捩じれています。そのせいで真っすぐに伸びるはずのラインが曲がって見えるので足が綺麗に見えないのです。

 

開いている事より捩じれている事?

 

「O脚で何が嫌ですか?」と聞かれて「足が捩じれている事です」と答える人はほとんどいません。「足が開いている事です」と答えるのが普通だと思います。

 

確かに足が開いていることがO脚の定義なので何も間違いもありません。しかし改善するにあたり本当に重要なのは足が捩じれている事になります。

良くなる順序としてもまずあしの捩じれが取れてから足が寄ってきます。これを開きだけに着目して一生懸命足を閉じようとすると逆に捩じれが増したり、効果が無いことが多々あります。しっかりとO脚と美脚のメカニズムを知ることできちんと綺麗な足を取り戻していきましょう。

 

膝の位置は正常?

 

あなたの膝の位置は正常でしょうか?

自分の膝の位置を足をそろえて立ってみて鏡で見てください。足の膝の位置はどちらの方向を向いていますか?足をつま先をそろえると内側に向く人が多いと思うので、足を30度ぐらい開いてもらって構いません。

 

膝のお皿が正面より外を向いていたら良い足です。もしお皿が内側に入っていたら捩じれている足となります。おそらくO脚の人の8割は内側に向いていると思います。そうです。この内側の足を外側に持って行くことで憧れの美脚に近づくことができるのです。

捻じれを意識して改善する

1 まず足を30度ほど開いて立ちます

2 膝が外に向くようにお尻の力で足を外に持っていきます

3 その時に足の前側を使わないように気を付けます

暇なときに繰り返して体に覚えさせます。

決して隙間を埋めようと腿を近づけるのではなく必ず先に膝を外に回して(お尻の力で)外に膝が移動しながら近づく形になります。

意識をすることで正しく綺麗な足になってきます。数か月の根気がいる方もいますがきちんとした正しい
姿勢を身に着けて美脚を目指してください!

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

膝下O脚は改善されるのか否か?

膝下O脚について

膝下O脚で悩んでいる方は思いのほか多いと言われています。一説には日本人の女性で言うと8割近くがO脚という話もあるほどです。O脚とは腿、膝、ふくらはぎが着いていない状態にある足を指します。このうち腿は着くけれど膝から下が着いていないという足、腿も膝下も両方着いていない足を膝下O脚と言います。つまり膝の下に空きがある状態の足です。

 

形としては膝下が外に飛び出したようになり8の字のような形になり、骨自体が変形しているように見える特徴があります。さて膝下O脚は改善するのでしょうか?

 

膝下O脚は足の変形?

 

結論を言う前に、膝下O脚は骨の変形だから戻らないという説を唱える人もいます。これに関してですが、確かに骨の変形を伴っていたり生まれつきの形の人もいらっしゃします。しかし経験上かなりの確率で筋肉などのバランスで見た目が変化しているだけで、実際は骨が変形していてもたった3度とかの人がいというのが現状です。

 

ですのでかなり高確率の方が変化すると言えます。しかし体の個人差があるのでぴったりと足が着くまではいかない方もいらっしゃいます。しかし子供のころからからだとか硬いからと悲観せずに一度はチャレンジしてみる必要があると思います。

 

何故ならO脚矯正に来る半分以上の人は実際諦めムードで改善したらいいが最初は半信半疑だという方がほとんどです。しかし皆さん頑張って調整と日常生活を注意していくことで驚く結果を出している方が沢山います。

 

捻じれが重要

 

さてO脚ですが皆さん足が離れているという状態を嫌がりますが、確かに足の開きは見栄えが良くないです。しかし一番足が綺麗に見えるか否かは足の形にあります。捻じれが強くたわんで見える足の方が開いている足よりも歪んで見えるのです。

 

膝下O脚は捻じれが強い足の形状です。実際のところ足の開きが強い人よりも改善するまでに時間がかかる人が多いのです。しかし先に上げた通りしっかりと手順を踏めば体はだんだんと捻じれが取れてもとに戻ってきます。

 

 お尻に意識を

 

O脚の人は普通のO脚も膝下O脚もトレーニングは変わりがありません。O脚の人の原因は力が無くなったお尻にあります。足の捻じれの9割は内巻に捻じれています。試しに足を閉じて立つと膝が内側に向いていると思います。

 

この内巻の股関節から膝を外に戻すために必要なのがお尻の筋肉です。お尻と言っても少し中側の筋肉なのでオシッコを我慢するときに引き締める部分と言った方が良いかもしれません。

トレーニング法

1・踵をつけて立ちます(足は40度ぐらい開いて)

2・ペットボトルを足に挟んでお尻の力で押します

3この時に足の腿の前側に力を入れないようにする

※時間のある時に常に意識しておくと効果大

 

続けることで効果が出る

体の変化は個人差がありますが、定着するのには時間が必要です。早くても2,3か月はかかかると思います。それは体自体の細胞の入れ替わりに時間がかかるからです。しかし変形をしていなければ何かしらの変化は現れます。

頑張って正しい姿勢を手に入れ、膝下O脚から解放されましょう!

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

福岡O脚矯正 10回で足がピッタリ!短時間で結果出す、20代女性のビフォーアフター

左初回        右11回目

 

どこへ行って良いか分からず口コミとビフォーアフターを見てご来院された20代女性。お子さんがまだ0歳で、ご主人に面倒を見てもらっている間に施術を受けに来てくれていました。

当院の施術時間は約20分。長くすれば効果が出るというものではなく、短時間で結果を出すことが重要なポイントです。体にも負担が少ないのでマッサージや慰安目的とは違います。

O脚は形が変化するか否かが重要なので、そこに対して最善のアプローチをします。

この方は膝下が捩じれているように見え、外側が飛び出したような感じにも見えます。しかしこれは股関節から下の捩じれによる見かけの問題なのできちんとした

これが5診目です。隙間は狭くなっていますが、左に体が傾く癖が強いのが見て取れます。

立ち方や歩き方の癖が染みついていて矯正をしても骨格的に戻りにくいところがあります。
筋肉の意識付け+骨格の矯正が大事になってくる所以です。

きちんと順番道理に施術をしていけば着実に改善は望めます。※個人差があります。

O脚のひとは自分の癖に気が付いていない人も多いのでしっかりとそこを見ていく必要があります。
自分一人ではどうにもならないと思ったら専門家にご連絡を!

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

O脚は治るのか?治らないのか?

O脚の原因は?

O脚矯正はネットを調べると色々なやり方や、整体などが検索で引っ掛かります。筋トレやストレッチ、O脚改善グッズなどそのアプローチ法は様々です。足関節が原因と説く人もいれば、股関節だという人、頭や上半身だと説く人もいます。

 

人間の体は複雑で原因を1点に特定するのは難しいと言われています。有名なカイロの先生でもその人によって原因は違っていたりします。体の変異(右や左が硬い、関節が動かない)という検査ですら言うことは違うとも言われているぐらいです。

 

改善のポイントは○○

 

しかし経験上、多くの人が変わるポイントが存在します。それはどこでしょうか?私も今まで足関節、脛、骨盤、股関節、頭、肩甲骨、内臓色々と変化が起こる場所を探してきましたが、一番変化がある場所それは・・・・

 

 

お尻の筋肉です。お尻の筋肉と言ってもお尻は大きな部位なので様々な筋肉がついています。足を後ろに蹴りだす大きな大殿筋、横からお尻を支える中殿筋、股関節に付着する外旋筋肉など。その中でも一番重要なのは骨盤を支える筋肉

 

骨盤底筋群という場所です。骨盤底筋もいくつかの筋肉の集まりで、主に骨盤を下から支える筋肉たちです。

 

O脚の人とそうでない人の違いは簡単に言うとこのお尻の力があるかないか?と言う所になります。これは無意識のレベルでO脚でない人は立っている時も歩いている時もこのお尻の奥の筋肉に力が入っています。(力が入るというとギュッとしているイメージですが普通に締まっているという感じです)

 

お尻の筋肉に意識を!

 

普段お尻の筋肉を意識して過ごしていますか?

 

お尻と言っても先に上げた中側の筋肉です。女性で言うと尿を我慢するときに絞める部分のあたり。そこをテッシュペーパーを引き上げるように上に吸い上げる感覚です。

 

普段この辺に力を入れなくても生活はできます。ダラン~とした姿勢が癖ついている人は特にこの辺が緩んでいます。お尻自体が垂れている人もこの部分や、もう少し腿よりの部分も緩んでいたりします。

 

ここを意識することが需要なので筋トレのようにガンガントレーニングをする必要はありません。むしろ力を入れすぎると外側の筋肉が緊張したりして逆効果になったりします。

「少しだけお尻が小さくなる感じ、お尻の穴が寄る感じでOKです」

 

このトレーニングを

 

簡単なトレーニングとして推奨しているのがお尻にペットボトルを挟む方法です。

1 真っすぐ立ち、足先を30度から45度開きます。

2 お尻の下、腿の上の方にペットボトルを挟みます

3 前側でなくお尻でペットボトルを挟むように少しだけ力をいれます。

 

 

この時に前側に力がはいると逆効果です。
良くある腿の間に本などを挟んでスクワットなどはこの前側が緊張するので要注意!

 

継続して続けることで・・・

 

最初は何分とかでなく暇があれば行ってください。

歯を磨くとき、顔を洗う時。O脚でない人は四六時中ここが締まっています。

決して力を入れているわけではありません。そのぐらい力を抜いても締まっているようになると体も変化していきます。

 

まずは行動から!しっかり美脚目指してがんばりましょう!

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

美脚に向かって!O脚改善(途中段階)


中学生の頃からO脚に悩んでいた20代の女性の方、上記は初来院の時の写真です。身体の重心が左脚にかかってしまい左の骨盤が下がっていました。人にはどうしても立ち方や座り方の偏りがあるので、その結果こういう左右差が生じます。身体を全体的に診ていくと、脚の外側の硬さが目立ったので初期の段階ではそこを集中的に施術していきました。

 


それから8回後(上記画像-初回が左側) です。膝周りの浮腫みも軽減し始めて、膝の位置も外側に向き始めてきました。脚の負担が減ってきたので股関節外旋の運動を取り入れていきます。

 

それからさらに4回後(上記画像-右側が12回目(左側が8回目)) 。反張ヒザ(O脚により足の使い方が悪くなってしまい、後ろ側よりも前側の、特に内側の筋肉を使う癖があります)により弱化していた殿筋を強化していく事によって、膝とふくらはぎの隙間が狭まってきました。

 

それからさらに6回後(上記画像-右側が18回目(左側が12回目)) 。腓骨の調整も取り入れ、股関節の外旋運動を続けて行なっていく事で隙間がさらに狭まってきました。

 

それからさらに4回後(上記画像-右側が22回目(左側が18回目)) 。左脚にかかっていた重心も左右均等になり始め、脚のラインも綺麗になってきました。

 

 

身体の癖を見直すことが大切

 

(上記画像-右側が初回(左側が22回目)) 

O脚の人は身体の重心が前に行きがちで、お尻の締める筋肉が弱くなっているという傾向があります。その為、身体のバランスが崩れてしまい歪みが蓄積されていきます。

改善の為に筋トレやストレッチを行なっても、身体のバランスが取れていない状態だと美脚への距離は縮みにくい所があります。

先ずは自身の身体の癖を知り、立ち方・歩き方を一度見直してあげることが大切になります。中々気付きにくい所もあると思いますが焦らなくても大丈夫です。

ゆっくり、ひとつずつでもいいので自分のことを知ることが出来れば、あなたの脚のラインが綺麗になる早道になります。

分からないことがあれば、いつでも気軽に来院されて下さい。あなたの目標が達成できるように、私たちがサポートいたします。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

たった十数回の施術でO脚改善 ジムに行っても真っすぐにはならなかったNさん

長いことO脚で悩まれていたNさん。15回ほど施術を重ねることで綺麗な足に近づきました。
ジムにも行かれていて健康や体調面には気をつけているNさんでしたが、初回を見て分かる通り足のバランスがだいぶ悪い状態でした。

特に腿の前側、大腿四頭筋がパンパンになっていました。これは必要以上に前側の筋肉を使用した結果です。O脚の人はこの筋肉を使いすぎる傾向があり、逆に後ろ側の筋肉を使えていない事が多いのです。

Nさんも当初、お尻周りの筋肉が全く使えていませんでしたが、矯正とトレーニングでだんだんと正し姿勢を維持できるようになってきました。15回目もまだ腿の張りはありますが足の捩じれが取れて真っすぐになって来たのが分かると思います。

ジムでトレーニングをしていてもトレーニングのバランスが悪く、左右差があるまま筋力が付くこともあります。正しい状態を覚えこませてからトレーニングをするのが理想です。

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

O脚はあなどってはいけない!?

周りからO脚といわれたことはありませんか?

自分はO脚とわかっているけれど、放置していませんか?

今日はそんな皆さんに3つお伝えしていきたいと思います。

 

1・O脚の放置は危険

 

2・O脚は不妊にも影響している

 

3・日本人のO脚の割合

 

 

 

 

O脚の放置は危険

O脚は足の外側の骨が出っ張り膝関節の内側に負担がかかりやすくなります。

さらに今はO脚による膝の痛みはなくともO脚のまま数十年、あるいは数年過ごすことにより膝の軟骨の内側に負担がかかり続けているため軟骨はボロボロになってしまいます。

 

軟骨とは本来滑らかなものなのですが、磨り減ることによりザラザラになったりゴツゴツになります。

その磨り減った軟骨の状態で膝を動かすことにより炎症が起きてしまい、さらには骨が変形をしてしまい痛みの強い変形性関節症になります。この変形性関節症とはとてもやっかいであり、症状としては痛み・熱感・腫れがあり炎症が起こってしまう為水が溜まってしまうのです。

 

 

 

O脚は不妊にも影響している

現在、結婚をされてお子さんを授かりたいという方や子供が欲しいけどなかなか授かれない方がいらっしゃると思います。その中には不妊治療をされてる方がいらっしゃると思うのですが一度視点を変えて自分の足元を見つめてみてください。O脚になっていませんか?実はO脚は見た目など以外に不妊にも影響を及ぼしているのです。

 

では、なぜO脚が不妊に関係しているのかと言いますと骨盤が正常な位置にある事で内臓の位置を支えているのです。

しかし、O脚になる事で骨盤の位置がずれてしまいます。そうなると内臓の位置がずれてしまう事により内臓の機能が低下してしまうのです。低下すると何が起きるのかという血液循環が悪くなるのはもちろんの事なのですが新陳代謝の低下や肩こり・腰痛・関節痛・坐骨神経痛の発症、生理痛、婦人科疾患などがあげられ子宮の機能も悪くなるのです。その悪循環により不妊に繋がってしまうのです。

 

日本人のO脚の割合

現在、どこまで正格かはわかりませんが9割の日本人がO脚といわれています。

最近、日本人は正座をするからではないかとよく言われていますが現在では椅子に座る家庭が増えていて正座をするよって家庭がすごく減っていると思います。よって正座がO脚の直接的な原因ではないということが伺えます。

正座よりも、足を組んだり横座りの方が股関節のバランスを崩してしまい股関節への負担が増えるのです。

 

それに加え、海外の方と日本人は根本的な体の違いがあったのです。

その違いというのは筋肉量の違いになります。日本人は筋肉量が比較的に少ないのですがその為、骨格への負担が大きくなり結果O脚などに影響を及ぼしやすいのです。

 

 

 

 

最後に・・・

O脚は将来的に放って置くと日常生活を送ることも大変になります。自分はO脚かなと思ったり、周りから指摘されたときが改善するタイミングだと思って、整体院や整骨院に通って脱O脚を目指していってください!!

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

O脚の方必見!これが正しい姿勢だ!

姿勢の悪さに気が付く重要性

 

今回は、O脚の人と姿勢の悪さの関係性について書いていこうと思います。O脚の人は基本的に姿勢に癖があります。そもそも私たちは今の状態を正しい姿勢だと脳が思い込んでいます。誰しも自分が曲がっているとは思っていないでしょう。

 

試しに力を抜いて鏡の前に立ってください。そこで正しい綺麗だと思える姿勢で立ってみてください。おそらくそれでもどこか真っすぐでないように見えると思います。特に多いのが姿勢を良くしようとして反り腰になってしまう人です。

 

横から鏡を見たときに腰が反り返っていないか確認してください。反り腰になるとO脚を余計に助長することになります。

典型的なO脚の姿勢↑

 

正しい姿勢とは?

 

では正しい姿勢とはどのような姿勢なのでしょうか?横から見て肩、股関節(大転子)、膝、外くるぶしが一直線になるような姿勢になります。対してO脚の人の姿勢は共通点があります。まず前にお腹が出てつま先よりの荷重になっています。腿の前側が張るのはその影響です。踝や肩よりも股関節の出っ張り(大転子)が前に出ているのが見て取れます。

 

そして前にも書いたように反り腰になります。背中が後ろに傾き腰の反りの角度が強くなっています。横から見るとそのせいでお腹が前に出て見えます。そして首が前に出ているような状態になります。

 

また前から見ると股関節が内側に捩じれて、膝の頭が内側を向いている方がほとんどです。これは全てのO脚の人に見える癖です。逆に言うとこれらの癖があるせいでO脚が改善されず、もっと言えば助長されてしまっているということです。

 

姿勢を改善しよう

 

これまでの話で実際に自分の姿と照らし合わせて見てください。まずは自分を知ることが一番大事な事。おかしい状態に気が付いたら次は正しい状態を覚えこませれば良いだけ。

ただ頭の中では正しい姿勢の状態がインストールされていないので、正しい状態にしても本当にこれであっているの?という感覚になります。事実今まで前荷重で反り腰だった人は正しい姿勢をしても頭の中ではお尻が出ているようなおかしな感覚になると思います。

 

一度体全体が映る鏡で確認して正しい状態が本当に見た目が真っすぐなのか確認したほうが良いと思います。一般的な良い姿勢などはやり方など載っていますが、個人差があるので自分の頭の中で正しい状態を確認することで安心して姿勢を矯正することができます。

 

 

正しい姿勢

 

1 股関節(大転子)の位置を外くるぶしに合わせる(少し踵よりの重心にする)

2 反り腰を無くすために胸が前に出ているのを押し込む

3 お臍を上に引き上げる

4 顎を引いて頭を上に引っ張られているようにする

 

これをすることで肩、股関節、外くるぶしが一直線になっていれば成功です。

 

毎日繰り返す

 

姿勢は先ほど述べたように頭に覚えこませる必要があります。そのため何度も繰り返して頭と体に覚えこませてください。何かを学習するのと同じで繰り返すことで体に定着していきます。気が付いたら練習をする。これが姿勢改善のポイントになります。

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

福岡天神O脚矯正 10代の学生の改善例 なぜ変化しにくいのか?

左初回/右4回目

10代のO脚で悩む大学生、遠方から定期的に通っていただいておりました。

膝下がたわんでいて骨が変形しているように見えました。見て分かるように膝のお皿がだいぶ内側を向いています。これは足の捩じれがとても大きな原因になっている証拠です。

4回目を見ると腿の張りが取れて足が幾分スッキリしてきたのが見て取れます。初めに足の緊張を取っていくとだんだんと柔軟性が出てきて足が変化しやすい状態になってきました。

良く色々試したが変化しないとか、戻ってしまうというのはやり方だけが問題ではなくて日ごろの生活習慣や体の維持する力が弱いせいというのも考えられます。

当院ではまず体が変化しやすい状態を作り上げてから矯正をするので結果が出やすいのです!

 

 

左初回/右11回目

これを見るとほぼ足の隙間は無くなりしゅっとした綺麗な足になっているのが分かります。腿の所はだいぶ変化していて足の形状もだいぶ変化しています。

 

これを見て分かるように一見骨の変形のように見えても実は筋肉バランスの悪さによって見た目が変化していることがほとんどなのです。

そして体が変化しやすい状況を作る

これが重要な部分と言えます。なかなか変化しにくい人は一度専門家の元へ!

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

福岡天神O脚矯正 20代の女性のO脚ビフォーアフター

20代の女性のO脚ビフォーアフター

初回(右)      左(8回目

この方は、腿と膝とふくらはぎが離れている典型的なO脚でした。膝の回りが硬く検査をしてみると外側への回旋と外側への力が強いのを感じました。まだ若さで柔軟性もありそうだったので20回はかからないと思いましたが、実際に施術をしてみないと分からないのでその旨を伝えた上でスタートしました。

初めは足の柔軟性を着けるために筋肉や関節を緩める所から始めました。特に膝関節周りの筋肉や靭帯を通常通りに錘や、整体の技術で緩めていきました。回数を重ねるにつれて5回目ぐらいから、ふくらはぎが閉まってきて、8回目ぐらいになると足の下の方がしっかりと締まりました(右)

 

初回(右)     左(15回目)

10回目ぐらいから今度は筋力の意識を高める施術を入れていきました。O脚の方は基本的にお尻の力が弱く股関節を外に引っ張る力がありません。体が緩んでも元通りに戻らない時はほとんどがこの筋力が上手く伝えていない所にあります。

 

これは何か動作を覚えたり、スポーツをするのと同じで普段から意識を変えていくことでだんだんと体が思い出して正しい使い方をすることができるようになります。

 

ポイントは柔軟性と筋肉のバランス、そして力です。

 

これがしっかりと取れるようになると体は正しい状態になるようになります。個人差はありますがたいていの方は何らかの変化をして行くと思われます。継続と意識が体を変えていくのです。

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。