福岡 O脚・美脚矯正 | O脚や足の歪みでお悩みの方は、福岡O脚・美脚矯正専門センターへ

福岡市中央区今泉1丁目21-9ステージ天神ビル6階

西鉄福岡駅南口・アップルストアより徒歩1分

年中無休/日曜・祝日も開いています

24時間対応WEB予約 予約フォーム

記事一覧

O脚の改善は足元から??

 

 

 

 

O脚の人の足を見てみると指が曲がっているいる人が多いです。浮き指と言われるこの状態。親指を曲げたときに90度以上そる人は要注意です!これが浮き指といわれるもの。足の指をきちんと使えていないために起こる症状で、筋力のバランスの崩れから起こります。また浮き指の人の足を見てみると足の指や背にタコができている人がいます。これも足の使い方のバランスが悪い証拠です。不必要な力が加わることで足に負担がかかってしまっています。

 

では浮き指の何が悪いのでしょうか?

 

本来人の足の指はチンパンジーのように手と同じぐらい曲げたり、つかんだりできると言われています。そこまではいかなくてもそれぐらい一本一本が独立して動くということなのですが、普段そこまで使っていない私たちの足は退化してきて動きが制限されてきています。結果指を使ってしっかり立ったり歩行しなければならないのにそれがままならず、指を使わずに足の裏でベタベタと歩くようになってしまいます。そうすると指を使っていないために指がつかずに逆に反って浮き指の完成です。

 

上記のように浮き指の人の足はベタベタと歩くため足のショック吸収装置となるアーチがなくなったり減ってきてしまっている状態です。本来この弓なりのアーチがあるおかげで車で言うところのサスペンションのように衝撃を吸収できるのです。

 

バネがなくなれば直に衝撃を受けることとなりその衝撃が体の弱いところに影響します。多くの人は力を抜くとだらんと外側に力がながれるため、足の外に力が逃げていきます。その結果足の外側の筋肉が硬くこわばり、靴の減りも外側が減るようになってきます。上に上がっていった衝撃は関節の付近に歪みを生み出し、まずはヒ骨と言う脛の外側の骨が出っ張ってきます、そのまま膝関節にも影響し外に捩れます。また反張膝という膝が後ろ側に反ったような歪みを生みます。そのまま上に上がると股関節に。股関節が外にでっぱりながら内側に捩れていきます。こうなると形は完全にO脚です。

 

それ以外にも影響する

 

ここで終われば良いですが人間の体は繋がっているためそういうわけにはいきません、内臓にも影響を与え、お腹が前に出っ張りそれを保持しようと腰が反ります。それが腰痛を伴うこともあります。さらに上昇すると最後は首まで上り首が前に引っ張られあごが出て動きが悪くなります。肩こりや頭痛の原因になる場合もあるのです。

 

すべては繋がっている

 

なぜ衝撃だけで上まで影響するのでしょうか?答えは体のシステムにあります。私たちの体は筋肉の膜、筋膜と言うもので繋がっています。これは足の爪の先から頭のてっぺんまで繋がっていて、わかりやすく言うと全身をストッキングのような薄い布で覆われていると想像してください。実際に足の爪から歯が歪んだり、手先の歪みや怪我が原因で腰痛になることもあるのです。こう考えると、足の間違った歩き方や立ち方で指に歪みが生じると全身に影響するのも理解できます。

 

指を動かす

 

1 まず指の間をしっかりと強めにマッサージして緩めます
2 小指から隣の指を一本ずつ持って曲げ伸ばしして行きます(隣の指を動かさずにその指だけうごかすように)
3 最後に全体でグーパーするように動かします

地道にひとつずつ動かすことで正しい状態に戻って行きます。

 

 

退化したものは戻る

 

 

人間は使わなければもどりますが、筋トレやリハビリのようにトレーニングすれば戻ります。これは人間の持つ自然治癒力、恒常性によるものです。動かなくなったものは動かせばよい。しっかりと立って歩けるようになると足の形だけでなく体の不調もとれているかもしれません。きちんとした立ち方とりもどしませんか?

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

O脚って遺伝なの?実は生活習慣が原因だった!

よくO脚に関する悩みなどを読んでいると”生まれたときからO脚”だったとか、”家族みんなO脚で遺伝だから”とか言われる方がいらっしゃいます。では本当に生まれたときから?遺伝でみんなO脚になるのか?

実はO脚の骨格そのものが遺伝するケースはまれです。生まれつきO脚の方は、全体のたったの1%なのだそうです。それ以外は、日頃の生活習慣の積み重ねによって引き起こされます。O脚のほとんどは後天的なものです。

よく、お母さんやお父さんと同じような脚だといわれる方もおりますが、その多くは幼少期からの生活習慣が関係してきます。

 

なんでO脚になるの?

骨がまだやわらかい赤ちゃんのときに、早く立って歩かせようとして、無理に立たせたり歩かせたりしまうと、成長が十分ではない部分に、どうしても負荷がかかります。ハイハイがしっかりできるようになって必要な筋肉がついてくれば自ずと立ち上がり歩いていくようになるので焦らず赤ちゃんの成長に合わせていくことが必要です。

赤ちゃんの頃はまだ脚の内側が未発達ですので、内側に体重がかかり、内側の骨が成長しなくなります。そうすると、外側ばかり骨がすくすく成長してO脚になり、そのまま固まって大人になっても残ってしまうのです。

親の気持ちとしては、早く立って歩かせたいと思うのは当然ですが、無理な行動がO脚の原因を作ってしまうのです。また、幼少期の座り方も大変重要です。

「横座り」「ぺちゃんこ座り」といった座り方は、O脚の原因になりますので、やらないように親がしつける必要があります。他にも、「内股歩き」「片足立ち」「猫背」といった、体重のかけ方がアンバランスになるような姿勢も、O脚の原因になります。

ハイヒールのような履物も体重のかけ方がアンバランスになりますので、子供に履かすのはやめましょう。それでは次に今のご自身の生活習慣を思い浮かべてみて下さい。

会社で椅子に座っているときに首と肩が前に出て猫背になっていませんか?
又、足を組んだりしていませんか?
バッグをいつも片側で持っていませんか?

日常生活のどんな癖がいけないのか?

生活習慣と言っても、座り方や立ち方、歩き方、勉強したりテレビを見たりするときの姿勢など、ほんとうに基本的な動作の癖です。

具体的には、足を組んで座ったり、骨盤が開いてしまうペチャンコ座り、左右どちらかに歪んでしまう横座り、いつも左右どちらかの脚に重心をかけている立ち方、いつも決まった肩や手で荷物を持って歩く癖、内股歩きやがに股歩き、いつも同じ脚を組む癖、ねこ背など、自分でも心当たりがいくつかあると思います。

これらの癖から、骨盤の開きや、大腿骨の付け根、膝関節といったところに歪みが出来てO脚になっていくのです。もっとも、この時期にO脚になりそうな生活習慣を自分で正すことはあまりなく、気がついたらいつの間にかO脚になっていて、大人になって悩むというのがほとんどだと思います。

子供の頃からの癖ですから、意識して根気よく続けなければ、なかなか直りません。O脚の治療を受けて改善したけど元に戻ったという話を聞くことがありますが、結局、こういった生活習慣を直さないと、またO脚になるということです。

癖を直そうとすると、これまで使っていなかった方の筋肉に負荷がかかりますので、そちらの筋肉も鍛える必要があります。具体的にはお尻の筋肉とか脚の内側の筋肉などです。いろんな鍛え方がありますが無理なく継続できることが一番です。自分に合った方法を探してみて下さい。

弱いと気づかないうちにかばってしまい、元の癖が出るというわけです。今まで使えていなかった筋肉をしっかり鍛えてあげることで、O脚に戻らなくなります!歳を取るにつれて身体が硬くなり、治すのも大変ですので、1日も早くO脚の改善を始めることをお薦めします。

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

中々痩せない下半身…もしかしてO脚が原因かも!!!

すっかり春めいて、というか暑くて、
薄着になり始める季節が来ましたね~。
薄着になると気になるお肉…
特に下半身は、朝は大丈夫と思っていたのに夜になるとむくんでしまっていたり、
膝下は自信をもって出せるのにお尻の所だけでっかく見えて嫌だったりと悩みの多い場所ですよね。
痩せよう!!と決意してエクササイズをしても、なぜか上半身しか痩せなかったり…(;O;)ナンデヤネン
でもその悩みの原因、実はO脚のせいかもしれないですよ~??
『今までO脚を気にしたことなかった』
『O脚が関係あるって分かっていてもどうしたらいいのか分からない』
という方、是非ごらんください♪

そもそもO脚って?

O脚とは、脚が湾曲しているように見える状態で足の形がアルファベットの『O』のようにみえます。その見た目のままO脚と名前がつきました。
でも、O脚と一口に言っても、実は色んなタイプがあります。
ざっくり分けるとこんな感じ

膝の真ん中がくっつかない人

定番のO脚です。ご本人もO脚の自覚があるタイプですし、見た目にも『O脚』と分かりやすいので悩まれている方が多いのがこのタイプです。実はこの中でもさらにタイプ分けがありますが、今回は割愛します。

膝はくっついているのに、膝下がねじれてしまっている人

これも悩まれている方が多いですね。膝下O脚とよく言われます。
腓骨という膝下の外側にある骨が出っ張ってみえるのが嫌だとおっしゃる方が多いです。一方で、膝自体はくっついているので、O脚と気がついていらっしゃらない方も多いです。

X脚

実は、X脚もO脚に分類されるんです。
膝がくっついて足首がくっつかない状態です。みたまま足が『X』の形に見えるため、X脚と名付けられています。

どうしてO脚になるの?

O脚は一般的には筋力不足などが理由とされています。
でも、スポーツしているのに、下半身太りが悩みの方っていますよね?大事なのは筋肉の使い方と骨の向きなんです。
O脚の方は、筋肉の使い方のバランスが悪くなってしまい骨が元の正しい位置では立つことが出来ない状態になります。
具他的に言うと

①足首がまっすぐにならない
②足首~膝にかけてが捩れている
③股関節が内向きで、腰がそっている

などが大まかな体の状態です。

正しい筋肉の使い方ができていないので、自分の思ったとおりに体が動いていません。
その為

『エクササイズをしても中々やせない』
『太ってはいないのに、お尻の横がでっぱいて格好悪い』

こんな風に悩むことになります。

正しい立ち方

まず、踵をくっつけて立ちましょう。
膝の向きは、どうなっていますか?
膝をくっつけようとして膝が内向きになっていたりしませんか?実は膝は若干外を向くのが正しい状態です。
一番正しいのは、つま先を同じ方向を向けること。よく運動で腰を落とす動作の時には膝とつま先の向きをそろえるように指示があると思います。あれ、通常の立つときも一緒なんです。

つま先と膝小僧の向きを合わせるようにして股関節を少しずつ開いていきます。膝を開かないように注意してくださいね。
この時、脚全体の後面を引き合わせるイメージで力を入れてください。本当に後面を全部引き合わせるとバレリーナの姿勢になってしまうので、イメージだけで大丈夫です。

それだけで、脚がまっすぐになる人もいます。

長年O脚の方は関節自体が固まっているため、すぐにはくっつきませんが、正しい方向に筋肉を動かすことで少しずつ関節も軟化していきます。早くしたいときは専門機関に行きましょう。
それができれば、後はこれを継続するために1日1分からでもよいので正しい姿勢で立つ時間を持ちましょう。

この時に、足の裏面がぺたーんと全部下についてしまっている方は足の筋力不足です。足裏や足指のエクササイズをおすすめします。

普段気をつけること

①足を組まない

腰が反っていると、骨盤の歪みを多くの方が併発しています。
その為足を組みたくなるのですが、足を組むと骨盤はさらに歪みます。
なので足は組まないでください

②どんなときも膝とつま先の位置を気にする

たとえば、立っているときは気をつけているけれど、座っているときは足首が捩れた状態で固定してしまっていてせっかくの立ち姿勢でも努力が水の泡…なんて方、多いです。座り仕事の方は特に気をつけましょう。

③下腹に力を入れて背筋をのばす

下腹に力が入っていないと姿勢も崩れるし立ったときにキューピーちゃんみたいになってしまいます。そのせいでバランスを崩している方って意外と多いんです。しかし、四六時中は無理なので気が付いたときだけ行うので最初は大丈夫です。意識を向けることが大事です。

④姿勢チェックは鏡を出来るだけ使いましょう

本当は第三者にチェックしてもらうのが一番よいですが、必ず『目視』してください。自分の感覚だけで体を動かすとこれまでと体の使い方を変えることができません。一度鏡を使ってチェックしたら、そのときの体の感覚を覚えて再現するようにしましょう。

おわりに

O脚は長年かけてなっているものなので、治すのも少し時間がかかります。それでも、自分の体の状態にきちんと向き合ってあげることができれば変わってきます。頑張りましょう!!

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

そのO脚の治し方間違っているかも?

 

O脚の人の特徴として圧倒的に内またの人が多いと言う事が言えます。「え」「O脚ってガ二股(外股)なんじゃないの?」って思われるかもしれません。しかしO脚の人の足を良く見ていただくと膝が内側に捻じれている人が多いのです。いわゆる内股と言う状態です。

 

自分は外股だと思いこみ、膝を内側に入れて生活しているO脚の方を見かけます。つまさきを揃えて立つ癖がある人も同じ状態で、このような方は要注意です。余計にO脚を助長してしまっている可能性があります。

 

貴方の足はどんな状態?

 

では自分の足がどんな状態か知る所から始めましょう。簡単に言うと先ほど述べたように真っすぐ立った時に膝が外を向いているか、内側を向いているか?という所です。

 

内股タイプ
多くの人はこのタイプで特に女性に多く、痩せ形で若い人に多い
膝下が捻じれている人も多い、また下腿が反張ぎみに後ろに反っている
大腿骨が内側に捻じれている

 

外股タイプ
男性でがっちりした人に多く年配の人に多い
大腿骨が外側に捻じれている

 

捻じれ方が逆になると言う事は改善法も変わってくるということになります。内またO脚の場合は大抵 骨盤が前に倒れる(前傾)し結果腰が反り腰になりやすい状態で、外またO脚の場合は逆に骨盤が後ろに倒れ(後傾)し腰がまっすぐになる状態です。

 

改善するために

 

内またタイプの人は主に股関節が内側に捻じれるので外側に捩じる(外旋)する筋肉を鍛える必要があります。主な筋肉としてはお尻の筋肉と後ろ側の筋肉です。
外股タイプの人は内側に締める筋肉が足りないので内転筋を鍛えるのが改善への早道です。

 

内股タイプ
1 かかとをつけて足を30度ほど開きます。
2 膝の皿を外に向けながら足を曲げて行きます。
3 膝同士をつけます
4 平泳ぎのように膝を外に向けながらお尻を閉めて真っすぐの姿勢に戻します。

 

外股タイプ
1 足を肩幅に開きます
2 膝を内側に曲げて行き膝同士が付く所まで曲げます
3 できるだけ付いた膝が離れないようにして脚を真っすぐにもどしていきます。

この運動をそれぞれ10回から30回ほど繰り返してください。

 

改善するには状態を知ること

 

今回一番重要なのは自分のタイプを知ると言う事です。これを間違えるとせっかくのエクササイズも良くするどころか悪化させることもあるので注意が必要です。分からない場合は専門家に見てもらう事も大事な事だと思います。骨の変形を伴わなければ体型の変化は少しずつでも起こります。毎日少しずつで良いのでトレーニングを積んで、以前のような美脚を目指してください!

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

O脚が治る人には共通点があった!?

 

筋力と柔軟性

 

O脚改善の要は筋肉です。筋肉は十分な強さと柔軟性が要求されます。O脚の人の特徴としては前側の筋肉を使い過ぎて発達し硬くなり、後ろ側の筋肉が衰えて弛んでいる。
また外側を極端に使うため足の外が張ってきて内側の筋力が衰えます。靴を見ると外側がすり減っている人が多いのではないでしょうか?また良くクッションなどを挟んで内側の筋肉トレーニングをした方が良いと言われるのはこのためです。

 

柔軟性

 

柔軟性が無い人は可動域(動きの範囲)が狭く、血液の循環も悪いので
体調も悪くなりやすい状態です。O脚の人を統計的に見て行くと鳴りやすい人には共通点がありました。

 

O脚が治りやすい人とは

 

O脚が治りやすい人の特徴があります。それは捻じれがあまり無い人と、柔軟性があるひとです。捩じれとは足先や股関節、特に膝が真っすぐ前を向いている人です。基本的にO脚の人の足は内股なので膝が内側に入っている事が多いのです。柔軟性のある人は、腿や膝下を触ってみて柔らかい感じがする人の事で、O脚の人は先に上げたように足の筋肉にいらない負担がかかってガチガチになっています。

 

柔軟性を高める真のストレッチとは?

 

柔軟性を高めるためにはストレッチが有効です。皆さん、正しいストレッチの方法を知っていますか?ストレッチとは筋繊維を伸ばして可動域を広げる運動です。良く何秒ぐらいやれば良いの?という声を聞きます。これには最低30秒から60秒ほどと答えます。何故かと申しますと、筋肉の中に筋紡錘というセンサーが付いています。これは筋肉がこれ以上伸びたら切れたり危ないから縮めようとするセンサーです。この機能があるからこそ人は筋肉が断裂したりしないで済んだり、怪我を未然に防げるのです。

 

しかしこの機能があるためにストレッチで筋肉を伸ばそうとしてもそれすら防ごうとしてしまいます。ではどうすればよいのでしょうか?それが秒数に関係してくるのです。この筋紡錘のセンサーをかいくぐるために30秒待つとセンサーが弱まります。ですので10秒ほどのストレッチだとまだこのセンサーが働いている状態なので効果が薄いと言う事になります。ですから30秒から60秒ゆっくりと時間をかけたストレッチが医学的に見ても有効なのです。

 

お相撲さんにO脚はいない?

 

関取にO脚はいないと言われます。全員を見たわけではないので完全には分かりませんが、少なくともTVなどで見る限りはO脚の人はあまり見かけません。
その秘密は四股にあると言われています。そうお相撲さんがする四股踏みで股関節に柔軟性が生まれることでバランスが整うからなのです。

 

四股体操

 

1 まず立って股を開いて肘を伸ばしたまま手を内腿に当てます
2 上下に身体をゆするようにして股関節を伸ばして行きます。
3 そのままの状態で内側が伸びているのを意識して30秒以上伸ばします。
4 肩を交互に内側に入れて30秒から60秒伸ばします。

この体操を行う事で股関節周りの柔軟性が生まれます。余裕があれば膝を伸ばして開脚をしてより柔軟性を出すようにしてください。

 

 

最後に

 

人体には様々な筋肉が付いていて相互に関係しあっています。このストレッチは主に内転筋(股関節の内側に着いていて足を閉じる筋肉)の柔軟性をつける物です。さらに一緒に筋トレをすることで最初に述べた柔軟性のある強い筋肉が付いてO脚が改善されていきます。コツコツと頑張って美脚を手に入れましょう!

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

福岡 整体 O脚矯正 頑張っていたら、1年後に閉じた足になり嬉しい!

匿名希望 職業 OL

【O脚のお悩み】
ふとした時にO脚の見た目が気になることがあり
O脚矯正ができたらいいなと思っていました。

 

【施術後の変化】
最初は8回来店して、終わりにする予定でしたが、
施術を受けていくについれて、

この機会に真剣にO脚を矯正しておきたいと
いう気持ちが強くなってきて、

気がつけば1年間、来店を続けていました。

 

途中で矯正の進展が進まずに
悩んだこともあったけど

先生が施術の度に私のO脚矯正の為に
一生懸命にいろいろ考えて下さり

毎回、宿題をだしてくれるので
ストレスを感じない程度に諦めずに頑張れました。

 

おかげさまで
だんだんと日常生活の中でO脚になりやすい癖や
気をつけることが分かってきて

自分でもO脚にならない為の
生活習慣に気をつけるようになっていました。

 

そして、気がつけば、

あんなにO脚の為、開いていた足が
今では少し力をいれるとくっつくようになり

最後まで続けてよかったと思います。

 

 

と口コミを頂きました。
ありがとうございます。

 

諦めずに来店いただいてよかったです。

 

O脚を矯正したいけど、自分のO脚は、
本当に矯正できるのか?など
疑問を持ちのかたは、

一度、骨盤王国へご相談しにお越しください!

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

福岡 整体 O脚矯正 偏頭痛やめまいの原因が気になっていたO脚の足にあったなんて!?

江本さん 女性 主婦

【O脚によるお悩み】
もともとは偏頭痛やめまいが酷くて来店したのですが、その際にO脚による足の歪みも気になっていたので相談させていただきました。

【施術後の変化】
偏頭痛やめまいの原因が、私の場合は足にあったようでびっくりしています。この為、足のバランスを整えてもらううちに本当に偏頭痛やめまいなど、色々な体の不調が改善してもらって助かっています。

 

江本さんは、もともとは偏頭痛やめまいが酷くて福岡O脚・美脚矯正専門センターに併設の骨盤王国 離れに来店されましたが、根本原因が足にあった為、足の調整をしていく中で、O脚矯正も一緒に進んでいったケースになりました。

福岡O脚・美脚矯正専門センターは、もともとは骨盤循環整体で調整の専門店として体の不調の全般を改善していました。そんな中でO脚矯正の相談を受け初めて、本格的にO脚・美脚矯正はじめた経緯があります。この為、当店は単にO脚の矯正をするだけでなく、O脚を矯正しながら、体の不調も整える施術が可能なのです。

そして、O脚の施術を進める中でO脚は脚だけが原因ではないとわかってきました。O脚の原因は内臓からも歪むし、首の歪みからもO脚になる びっくりするのは手が原因でなっていたこだってあります。

けれど、多くのO脚専門店は脚だけを施術します。それだと変わらないばかりか、O脚を悪化させることもあるんです。実際に「他の店舗で悪化しました・・・・」と来店される方もいらっしゃいます。

 

福岡O脚・美脚矯正専門センターでは、あなたのO脚を単に矯正するだけでなく、体全体のバランスも調整していくので、O脚の矯正が進むにつれて、体調までも良くなっていただきます。信じられないかもしれませんが、多くのお客様から「最近、体調もよくなってきて、O脚矯正が癒しの時間になってきましたと」お喜びの声を数多くいただいております。

 

私達の技術は日々進化します。今でも学会や研修会への参加は欠かさず技術を磨き続けています。もし、これをお読みのあなたがどこに行っていいか迷っているのでしたら、遠回りすること無く一番最初に福岡O脚・美脚矯正専門センター(骨盤王国 離併設) 092-725-1558 へ連絡下さい。

 

WEBから今すぐ予約したい方はこちらをクリック(24時間受付中)

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。