福岡 O脚・美脚矯正 | O脚や足の歪みでお悩みの方は、福岡O脚・美脚矯正専門センターへ

福岡市中央区今泉1丁目22-13 Leyla Orion3階

西鉄福岡駅南口・アップルストアより徒歩1分

年中無休/日曜・祝日も開いています

24時間対応WEB予約 予約フォーム

ビフォーアフター

長年の酷いX脚が足を触らずある場所を数分施術して変化した!?

 

1回目

1回目 5分後

 

ウソのような本当の話。皆さんは長年のX脚が足を触らずに5分で真っすぐな足になると聞いて信じられるでしょうか?私も正直最初は戸惑いました。写真を見たら変わり過ぎて力を入れているかやらせじゃないかと思うと思いますネ^^;O脚・X脚足の悩みを研究し続けて来た結果です。上の画像は本当に力で無理やりもっていったりしているワケではありません。普通の状態で閉じています。O脚で悩む方の方がX脚の方より割合的には多いですがX脚も見た目がかなり気になる足の形です。

 

O脚は腿、膝、踵が着かないと言う形が特徴的ですが、X脚は腿は着きますが足が閉じようと思っても外に開いてしまうというのが特徴です。初めにお伝えしたように今回は足は検査の時以外一切さわっていません。ではどこを調整したと思いますか?

「股関節?」「骨盤?」

違います。正解はです。前々から頭と足の関係性は説明してきました。頭は一つの骨で無く23個の骨がパズルのように重なって出来ています。その繋ぎ目が歪むことで対応した場所に歪が出来てカラダ全体に歪みが生じます。また生まれて最初に首が座って、ハイハイをまず手でするように成長においてかならず上から発達していくのが人間です。頭が歪むと色々な所に反応が見られるようになるのです。

 

 

初めに、足の硬さを検査する所から始めました。O脚の人は主に膝の上下特に脛や腿などが横に張り出しますが、X脚は足関節が外に開きます。内くるぶしを着けようと思っても着けることができません。そこで足をモニタリングしながら対応する頭の反応を見て行きました。すると側頭骨と後頭骨の所が一番反応したので、そこを正しい状態にもどしました。それが2段目の写真です。

 

O脚の人もそうですがお尻の奥を締める筋肉や神経が弱化してるので身体を綺麗に保つことができません。これは筋トレなども必要ですがそもそも上手く力を入れられないのでトレーニングも上手く行きません。そこでバランスを調整すると神経が流れやすくなり体が真っすぐになりやすくなります。これは今まで患者さんの力を利用してトレーニングしてきたのですが今回は歪みをとって強制的に力を入れやすい状態を作りました(3枚目の写真)

 

やったことは今度は頭の骨と第一頸椎の調整、それから前頭骨の調整のみです。これはやられると分かりますが、施術を受けていると次第にお尻がきゅっと締まって来るのが分かります。とても軽い調整なのですが不思議な感覚です。

 

長年かかった足は完全に定着するまでには少し時間もかかりますが、今回の治療時間はわずか5分ほどです。歪みを取った後しっかりとそれを維持できるようになれば綺麗な足を取り戻す事ができます。諦めないで悩んでいたらまずはご一報を!

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

25歳会社員の膝下O脚で悩んでいた方の改善ストーリー3 

子供の頃からO脚で悩んでのいた25歳の女性会社員

特に膝が離れているタイプのO脚

 

初回から4回目にかけては膝の硬さや靭帯の硬さを改善する。

その後5回目に神経の流れを教育。7回目には見た目はだいぶ整ってきました。このままだと戻る可能性もあるので自宅でのケアをして定期的に見ていく方向。

 初回の記事 4回目の記事 

 

初回                                                                         

  4回目

 

7回目

体が硬い人や捻じれている人は体が歪みやすい傾向にあります。膝下O脚もきちんと捻じれを取ることで体は綺麗な状態に戻ります。今やネットなどで情報を取りいれることができる時代です。まずは行動してみることが肝心。分からないことがあれば専門家にご相談することをお勧めします。

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

福岡天神のO脚専門矯正 20代女性の足が綺麗に閉まった!

 

ずっとO脚で悩んできたというMさん。お子さんのいる20代のお母さんです。

 

右足の膝が捻じれて湾曲しているのが見て取れます。13回目の画像が右側です。
角度で言うと左足の方が鋭角に入り、右足が鈍角に入っています。この方のように左右の足の曲がり具合が違う方も多いのです。立ち方や座り方の偏りがどうしても人にはあるのでその結果こういう左右差を生みます。

 

毎回横座りや足組を同じ方向にしたり。運動で言うとバレーや、サッカーでの足の使い方や蹴り方など。人間にある体の癖。この癖が歪みを生じて見た目を変化させてしまっていると言えます。この方の場合は腿の前側がとても張っていて大腿が盛り上がっているほどでした。

 

O脚の方は基本的に足の使い方が悪いので後ろ側よりも前側の特に内側の筋肉を使う癖があります。(立っている時に荷重がかかるのは外側なので外側の緊張もあります)

この誤った使い方で、股関節が内側に回転するような姿勢を取ってしまっている事が多いのです。O脚改善とはこの体の使い方の癖に気づいて正しい使い方を再教育することで改善させると言っても過言ではありません。

 

癖というものはまず意識をしなければ自覚が無いので誤っているという認識もありません。本来と自分との誤差に気づいてそれを合わせて行くことが改善へ向けての道筋になります。当院ではO脚のパターンを伝えて、正しい姿勢、歩き方、座り方、立ち方を指導していきます。それにより最終的に元の美しい状態にまで改善することが可能なのです。

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

もしかして真っ直ぐ立ててない?! O脚と膝の関係とは?

 

スキニーやジーンズを履きたいけど、
脚の隙間が気になって履けない…。
綺麗な脚のラインを目指したいけど、
どうしていいのか分からない!!

脚の歪み?  骨盤の歪み??  
座る姿勢や歩き方が悪いのかも…?!

 

考え出したら色々と不安になってしまいますよね。当院に来院されるO脚で悩んでいる方々に多く見られる共通点があります。それは

横からみると膝が
反り返った状態で立っている」というもの。

この原因とは一体何なのか?
O脚とどういう関係があるのか?
今回はO脚の原因の一つとなる、「反張膝」について紹介していきます。

 

反張膝ってどんな状態?

反張膝とは、膝が過伸展している(膝が真っ直ぐ以上に伸びて反り返っている)状態をいいます。膝に痛みが無い場合もありますが、痛みを伴う場合もあります。

 

反張膝による身体への影響
・歩くとすぐに疲れる
・膝の裏やふくらはぎに疲れが溜まりやすい
・下半身がむくみやすい
・首や肩こりが起こる
・膝痛や腰痛が起こる etc…

 

多くの人は自分が反張膝だと気付かずに生活をしています。その結果、年を重ねるごとに骨が変形し、ガニ股やO脚になっていくんです。

反張膝になる原因は日常生活での身体の使い方に潜んでいます。

反張膝とは関係が無さそうに思えることも、引き金になっているケースがあるんです。

 

反張膝になる原因とは?!

〔 原因① 〕立ち方や歩き方
反張膝になっている人の特徴は、立っている時や歩行時に「膝を伸ばしきる癖」があります。立っている時の膝の正しい状態は、伸ばし切った状態ではなく少し緩んでいるんです。これが繰り返されると、膝周辺の骨にズレが生じて反張膝になっていきます。

〔 原因② 〕足裏の重心の位置が偏っている
例えば、かかとに重心が多くのると、身体がバランスをとるために足指が浮いてきます。その結果、ふくらはぎの筋肉が緊張して膝が反ってくるのです。また、ハイヒールを履く人も足指に体重がのりやすくなり、足指が反った状態になるため、反張膝になりやすいです。

〔 原因③ 〕反り腰
骨盤が前に倒れて腰が大きく曲がっているのが特徴です。良い姿勢だと勘違いして腰を反らしてしまうと、膝も伸ばし切ろうとして力が入ってしまいます。この姿勢の癖が続くと膝が常に反ってしまい、身体が前に傾くことでさらに反り腰も進行します。

簡単に出来る!O脚改善-呼吸法

直立で横から見た時のあなたの姿勢はどうなっていますか?

「 みみたぶ – 肩 – 大転子 – 膝関節 – くるぶし 」が一直線で、その直線上に指先があるのが本来の正しい姿勢なんです。

手が指先が直線上より前に出て肩も丸まり猫背に、首も前にでている…
という方は膝を曲げることで身体のバランスを保ち、それによってO脚になっているので膝を真っ直ぐに戻してあげる必要があります。

以前「骨盤底筋郡」を鍛える呼吸法をご紹介しましたが、反張膝の改善もこの呼吸法が効果有です。

※骨盤底筋郡…子宮や膀胱などの内臓を下から支える筋肉の総称で「肛門や、尿道、膣を閉める働き」があります。
骨盤の中にある筋肉で背骨やお腹、内腿の基底部にあることでこれらすべてに影響を与えます。つまりここが整うと姿勢も整うということです。

【 鍛え方 】
1. お腹を凹ませて息を吐きます。
2. お腹を凹ませたまま背中に息を入れます(肺を膨らませる)。
3. そのまま息を吐いていきながらお尻をすぼめるように力を入れていきます。

底筋は、尿道を閉めたり、肛門を閉めたりするときに使う筋肉なので、ポイントは大きな筋肉に力をいれるというよりも、おしっこを我慢したり、睾丸が引きあがるといった感覚を意識した方が力が入りやすいです。

 

ひとりで悩まないでください

普段、自分がどういう姿勢で立っているかを見る機会ってあまり少ないですよね。

これからO脚を改善していく上で大切なのは自分の癖や立ち方・歩き方を一度見直してあげることです。

中々気付きにくい所もあると思います。
しかし、焦らなくても大丈夫です。

ゆっくり、ひとつずつでもいいので自分のことを知ることが出来れば、あなたの脚のラインが綺麗になる早道になります。

分からないことがあれば、いつでも気軽に来院されて下さい。あなたの目標が達成できるように、私たちがサポートいたします。

 

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

O脚で悩んでいた大学生の改善ストーリー4

 

↑10回目   

初回 4回目 6回目

ふくらはぎが付くようになりました。何度かお伝えしたようにこの方は柔軟性が高く筋肉がしなやかだったのもあり、骨格バランスを整えて筋トレをしたことで早い段階での改善が見られました。しっかりと自宅でのケアをしたのも良い結果に繋がったのだと思われます。

 

 

初回               4回目

6回目                10回目

 

悩んでいてもはじまらない

 

学生で来られる方は全体からすると少ないです。お金もかかるので尻ごみする人もいらっしゃいます。しかし早ければ早いほど改善する確率は高まります。思いきって踏み出すその一歩が人生を変えるかもしれません。一人で悩まずにまずはご相談を!

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

O脚で悩んでいた大学生の改善ストーリー3

 

↑6回目   

初回 4回目

 

4回目                6回目

 

捻じれが回復

1回目、4回目と比較するとズボンを履いていないせいで脚の開きは分かりにくいですが脚の形が真っすぐになってきているのが分かります。具体的に言うと右の脚が外側に開きやすくなったために膝が真正面を向くようになったという事です。

 

O脚は捻じれを伴う事があります。というより多くの場合は捻じれを伴います。この捻じれが強ければ強いほど元に戻りにくい脚と言えます。膝がかなり開いていても捻じれが少ない純粋なOの形の方が早く治ることが多いのです。捻じれる原因としては筋肉のアンバランスです。特に膝が内側に捻じれる傾向があります。

これはO脚の人がだいたい外側の張りが強く内側と後ろの力が弱いせいでなると思われます。ですのでまず筋肉のバランスを取ることが重要です。その前段階として一番重要なのが神経の流れを整えるということです。

これは発達の段階に関係しますが、まず人は真ん中の背骨が発達して、順に腕、脚と成長していきます。その途中が上手く発達しないと神経の流れが上手くいかずトレーニングしても変化しにくい状態になってしまいます。

 

ですので第一段階として舌の運動をして頭を本来の位置に戻します。具体的に言うと通常は舌は口を閉じたときに上顎についているのが普通ですが、顎が下がり姿勢が悪くなると舌も落ちてしまいます。そこで舌を上にあげる運動をすることで下から頭、首の本来の状態に戻すのです。

改善する順番が大事

 

これだけでO脚が改善する人もいるぐらいです。O脚の原因は脚だけにありません。また効率の良い順番があります。そこを変えるだけでだいぶ変化もかわってくるのです。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

O脚で悩んでいた大学生の改善ストーリー2

 

4回目  初回

 

初回に比べてフクラハギが接近しているのが見て取れる。施術としてはまず腿や脛の筋肉の硬さを緩めていく事を第一に行った。それと並行して脛の後ろの膝の筋肉や靭帯を錘を使うことにより伸ばし足が伸びやすい状態を作った。結果自然な状態でも膝下が伸びて接近しやすい状態になった。

 

この様に脚にはマッサージやストレッチなどで比較的簡単に緩む部分と靭帯や硬くなりすぎて手では変化しにくい部分がある。その両方の柔軟性を付けていく事が大事な事となる。

一般的なO脚改善方法としては筋トレやストレッチなどがあるが、硬い状態で筋トレをしてもしなやかさが無いため中々正しい位置に定着しない。筋肉には柔軟性と強さが必要であるので、まずは柔軟性から上げていった方が結果としては出やすい。この方は比較的柔軟性があったので3回目ぐらいからお尻周りの筋肉のトレーニングを入れていった。

 

具体的には骨盤の底を支える筋肉で骨盤底筋という筋肉軍をメインにトレーニングして行った。呼吸を使いながらゆっくりと尿を我慢するような時に使う筋肉を閉めていく事で、足を正常な位置に固定する筋力が回復してきます。

 

ここは重要な筋肉です。この土台がしっかりしていないと足を正しい位置で固定できないからです。次回は神経の流れを整える訓練法を実施ていく様子をお伝えいたします。

 

 

 初回との比較画像です。

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

O脚で悩んでいた大学生の改善ストーリー1

 

10代でO脚に悩んでいた大学生です。

初回の見立てと悩み

腿から膝は付いていますが膝から下ふくらはぎが離れています。所謂膝下O脚という部類です。脛の横がパンパンになり外側が出っ張って見えるのが特徴です。高校生といえば多感な時期、同年代を意識したり好きな服を着たかったりと色々思うところがあります。

 

O脚改善で来られる方は20代後半から30代が多いのですが、だいたい皆さん子供の頃からO脚だったという方がほとんどで小さい時から自覚はしていたという方が多いのです。今回来られたMさんも小学校の頃から悩んでいたと言います。

 

この方のように10代から来られる方もいらっしゃいます。そして言えることがありますが10代や若いころに来院される方の方があきらかに治りやすいという事です。これは統計的に見ても10回以内に足が付く方は10%ほどですが、そのほとんどが柔軟性のある人か10代などの若い方です。

 

O脚というと骨が曲がっているという印象を受けるかもしれませんが、そのほとんどは筋肉のバランスの問題です。ですのでまだ柔軟性のある時に改善しようとすると早く良くなりやすいのです。

 

初回 ビフォー

 

初回は骨格の硬さとしなりを調整するため錘を載せて深い部分の筋肉や靭帯を緩めました。そして全身の筋肉のバランスを整えました。O脚は長い年月で体が変化しているので治すのも徐々にしていきます。1回の施術時間は20分ほど、多ければ良いと言うわけではなく適切な刺激量を入れることが重要です。

 

アフター

 

膝下の開きはいきなりは付きませんが全体的にラインがスッキリしたのが分かります。これは脚の筋肉のバランスがとれたことにより体が真っすぐに近づいたと言えます。まずは全体のバランスを整えるのが重要になります。

 

この方は全8回で卒業されました。今回は4回に分けて結果をお伝えしたと思います。お楽しみに!

改善ストーリー2

改善ストーリー3

改善ストーリー4

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

福岡 整体 O脚矯正 頑固なO脚が10回でこの効果!

匿名希望:Uさん 女性 看護師

 

【O脚によるお悩み】

子供の頃からO脚で身体のラインが気になっていたUさん。彼女は足以外でも姿勢の悪さも同時に気にしておられました。同僚や周囲からも姿勢の悪さを指摘される事で最近特に気になりだし、ネットで検索して患者様の声を見てご来院されました。

 

【施術後の変化】

 

横姿勢

ビフォー              

アフター

まず 姿勢が気になると言う彼女の横からの立ち姿勢を見てください。

荷重が後ろにかかり、完全に反り腰になっているのが分かります。前腿に緊張が生まれお腹が前に突き出ているのがO脚の人の特徴と言えます。
顎が上がり舌が下がります。お尻の筋力が落ちて、足が扁平になり身体を支えようとするとフラフラするという状態です。

アフターをみていただけると分かると思います。この方は1回で重心が変わりました。これは無意識で立っているのですが反っている腰の位置が変わった事が見てとれます。顎も引けるようになり横からのラインが綺麗な状態に近づいたのが分かります。

 

前と後ろ

 

 

次に前と後ろの写真ですが、体が傾いているのが分かります。特に後ろから見ると顕著にその状態が見てとれます。このようにO脚の人は大かた左右対称では無くどちらかにより偏り、また先ほど述べたようにフラフラと体を上手く支える事ができない不安定な状態です。

O脚は体の歪みの結果であって、それが酷くなる事で膝や腰痛、肩こりにも影響することがあります。ですので痛みが無くてもしっかりとバランスを整えた方が体にとっても良いと言う事です。

 

4回目

 

4回目になると足の開きはあるものの身体が真っすぐになって来ているのが分かると思います。基本的に施術に関しては体がしっかり本来の状態を保てるように覚えこませるトレーニングをするのと、体の歪みをとって無意識にバランスを取りやすい状態にすることをメインに進めています。

 

この筋力バランスの調整歪みの調整

 

を同時に行う事がポイントです。確かに自宅で筋トレなどでも改善できる場合もあります。しかしそれだと効率が悪くまた繰り返す可能性もあります。ですので根本的に改善するのであればきちんと自分の癖を正して良い状態をキープできるようにしていく必要があると思います。そこにはあるパターンがあります。木になる方は一度専門家に診てもらう事をお勧めします。

 

初回~10回目

 

初回              

10回目

足だけの変化を見ると、10回目ではまだ隙間はあります。しかし膝の距離はかなり縮んでもう少しの所まで来ています。今回は残念ながらご本人の都合上10回で一度様子見の形になりましたが、20年近く悩んでいた足が10回で変化することが分かりました。後は自宅のケアと姿勢に気をつけて行く事でしっかりと足が着く状態に持っていけると思います。

彼女の場合は当初気にしていた姿勢がかなり良い状態に治まりました。この様に足だけでなく施術をすることで真っすぐな綺麗な身体に近づき、結果身体の不調が無くなったり、疲れにくくなったりと言ったメリットが沢山生まれます。

それに関しては本人様からもアンケートで指摘していただいていただきました。
諦めないでまずは行動の一歩からです。

 

お悩みの方は、ぜひ福岡O脚・美脚矯正専門センター(骨盤王国 離併設) 092-737-9700 へご来店ください。

WEBなら24時間受付中、今すぐ予約したい方はこちらをクリック

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。