福岡 O脚・美脚矯正 | O脚や足の歪みでお悩みの方は、福岡O脚・美脚矯正専門センターへ

福岡市中央区今泉1丁目22-13 Leyla Orion3階

西鉄福岡駅南口・アップルストアより徒歩1分

年中無休/日曜・祝日も開いています

24時間対応WEB予約 予約フォーム

O脚改善と姿勢改善を同時に改善できる6つのステップ!

O脚の人は姿勢も悪い?

O脚の方には共通の悪い姿勢があります。

①・前加重

②・反り腰

③・お腹が出る

④・猫背

⑤・首が前に突き出す

① 前加重は本来、踵よりの重心が前作業などが多いため段々と前にずれてしまいつま先の方に体重が乗っている状態。そのため腿(もも)がパンパンになっている、いわゆる下半身太りの人が多く見受けられます。

② 反り腰は、前加重を安定させようとして腰が反ってしまっている状態。姿勢を良くするのが腰を反らすことと勘違いされている方も多い。

③ お腹がでるのも加重が前にかかるため、ポッコリお腹の様にした腹が垂れてしまっている方が多い。

④ 猫背は下のバランスと上のバランスを取ろうとしたり、手作業やスマホPC作業などで巻き肩になりそのまま猫背になる方が多い。

⑤ 首はやはり前作業などで頭が下がり顎が突き出ている状態。反り腰の補正でストレートネックになる方も多い。

悪い姿勢だとお尻に力が入らない

実はO脚の人とそうでない人の決定的な違いがあります。それは・・・・

O脚の人はお尻の力が無い

という事です。

お尻と言っても外側の大きな筋肉では無くて、中の方の筋肉です。尿意を我慢したりお尻の穴を締めたりする時に使う筋肉になります。(骨盤底筋)

骨盤の下の底にあたる筋肉

ですのでトレーニングもお尻を硬くするのではなくて

「お尻が少し小さくなる」

「テッシュをBOXから引き抜く感じで上に引き上げる」

と言ったイメージになります。さてこのお尻の筋肉ですが姿勢が悪く前加重だとバランス的に力が入れにくくなります。体重を前に乗せて力を入れるのと、後ろに乗せて入れるのでは違うと思うので試してみてください。

つまり良い姿勢を取るとお尻が締まり、結果O脚も改善しやすい状態になるという事です!

良い姿勢とは

では逆に良い姿勢とは

耳、肩、肘、股関節、膝、外くるぶしが一直線の状態を言います。

そうは言ってもどうしたら姿勢が良くなるのか?意識をしたいけどどうやって意識したら良いか分からない?と言う方が多いのでは無いでしょうか?そんな方のために正しい姿勢を疑似的に作るやり方を教えたいと思います。

姿勢を良くするための6つのステップ

①頭とお尻を壁につけた状態で腰に手のひらを1枚入る姿勢を作ります。

その状態が楽に出来そうな間隔で足のつま先を開きます。狭すぎると前側に体重がかかります。ふくらはぎが壁につくぐらいの幅になると思います。

②頭全体が上に引っ張られるような意識を持ちます。目線は前です。

③胸を壁に軽く押し付けます。みぞおちの少し上ぐらいを意識すると良いです。

④臍の下、2~3㎝ぐらいの所を壁に押し当てる意識を持ちます。お臍を引き上げる感じが良いです。

⑤お尻を締めて中から上に引き上げるように軽く力を入れて行きます。

⑥首肩の力は抜きつつ肩を壁側に押します。

上記の姿勢で10秒以上意識することを時間がある時に繰り返します。

ポイントはお尻を引き上げる意識を保つことです。

歪んでいると良い姿勢を取り辛い

「正しい姿勢を取ろうと思ってもすぐに疲れて止めてしまう。四六時中意識はできない。」これって仕方がない事なんです。

一つは身体が疲れて歪んでいるのでゴムひもが引っ張られるように歪んだ方向へ戻されてしまうから、もう一つは身体が正しい状態になじむまでに時間がかかるからなんですね。

できれば整体やストレッチなどで正しい状態をキープできるようにしたからやると効果も倍増します。

もしもっと楽に、またきちんと見てもらいたいと言う方はいつでもお気軽にご相談くださいませ!

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。